【夜になると僕は】7話ネタバレ!坂元に接触しようと職場に向かうも。

更新日:

 

マンガ「夜になると僕は」第7話のあらすじや感想・考察を書いています。

本話のタイトルは「若い刑事」

なお、今回はセンターカラーです。

 

6話で加害者の1人「坂元」の勤務先情報を仕入れたワタル。

7話ではその仕事場に乗り込み能動的な物理接触を成功させる事ができるのでしょうか。

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【夜になると僕は】6話ネタバレ!ワタルの次なる標的は・・・

 

スポンサーリンク

 

夜になると僕は7話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

念のため確認を

加害者の1人「坂元 拓哉」。

現在は23歳になり、「坂元 一磨」と名乗っているらしいです。

 

彼の職場に電話をして確認を取ろうとするワタル。

夜になると僕は7話-1夜になると僕は7話より引用

 

ですが、本人に直接かけてくださいと言われ電話を切られてしまいます。

でもとりあえずその会社の社員である事がわかったので、ワタルは現地に向かいます。

 

坂元がいない!?

坂元の勤務先に着いたワタル。

着いたと言っても例の能力(ゴールデン・スランパー)を使っているので、実際はネットカフェで寝ています(笑)

 

勤務先の会社の中を覗き坂元らしき人物を探しますが、見つかりません。

事務所に3人いますが、女性2人と年配の男性(社長)が1人のみ。

それどころか電話に出た女性社員と社長の話しを盗み聞きすると、どうやら坂元は会社を辞めてしまっているとの事です。

 

手ぶらでは帰れないと考えていたところ、女性の1人(社長の奥さん)が美容室に行き、事務所で2人きりになった事務社員と社長は・・・

夜になると僕は7話-2夜になると僕は7話より引用

※ワタルは例の能力できているので2人は気付いていません(笑)

 

直接社長に聞こうとするも・・・

ただでは帰れないと考えたワタルは女性社員が外出したすきに今度は実際に会社に訪れます。

 

どうやって訪問したのかというと偽装の警察手帳を使い、警察だと装ってです。

そこで社長に坂元が本当に辞めているのか確認すると、2ヶ月ほど前に揉め事を起こし相手にひどい怪我を負わせたが為に辞めてもらったそうです。

 

ここで現在どこにいるのかと核心に迫ります。

ですが社長は面倒くさいのか来客があるからと言ってすぐに調べてはくれませんでした。

夜になると僕は7話-3夜になると僕は7話より引用

 

スポンサーリンク

 

それどころか連絡先を聞かれたワタルは、連絡先はまずいと考え奥の手を出します。

それは1枚の封筒。その中に女性社員との仲睦まじい写真が入っている事を匂わせたところ、すぐ調べてくれる事になりました。

 

来客とはなんと・・・

社長が坂元の現在の情報を探してくれている時にワタルはトイレを借ります。

 

そんな時に来客がきてしまいます。

その来客をトイレからチラッとみたワタルは予想外の来客に驚きました。

夜になると僕は7話-4夜になると僕は7話より引用

 

その来客というのは・・・刑事の三角さんだったのです。

 

さすがにこの状況で三角さんと鉢合わせると、何か企んでいるとバレます。

そんなテンパっているワタル。

 

更に三角さんもトイレを借りるといいい、絶体絶命の状況へ。

夜になると僕は7話-5夜になると僕は7話より引用

 

スポンサーリンク

 

感想・考察

今回(第7話)のお話しでは、ワタルの考えが裏目裏目にでてしまうような状況でした。

 

まず加害者の1人「坂元」が会社を辞めていた事。

そして社長がすぐには坂元の今いる場所をわかっていなかった事。

更にまずすぎる状況で訪れた刑事の三角さん。

 

悪い事が重なりすぎているワタル。やっぱ悪い事を考えるとろくな事がないのでしょう(苦笑)

 

そんな中、社長と女性社員ができているというありきたりな設定があるのもスパイスになっていて面白いですね。

ずっと張り詰めた状態よりこのように緩むときがあった方が読みやすいし、張り詰めた状況自体も際立ちます。

 

そして何よりも三角さんがなぜこの会社に来たのか気になります。

夜になると僕は7話-6夜になると僕は7話より引用

 

やはり加害者の1人「坂元」の事で社長に何かを聞き出す為に訪れたのでしょうか?

 

この後ワタルはどうなるのでしょうか?

8話が気になってしかたがありません。

 

関連記事:【夜になると僕は】6話ネタバレ!ワタルの次なる標的は・・・
関連記事:【夜になると僕は】8話ネタバレ!三角さんとご対面!?

 

スポンサーリンク

 

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-夜になると僕は

Copyright© 漫画ネタバレの杜 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.