【約束のネバーランド】154話(2019年46号)ネタバレと感想

投稿日:

約束のネバーランド

 

「週刊少年ジャンプ」2019年46号に掲載されている「約束のネバーランド」154話のネタバレです。  

 

153話では、 部屋中に転がる鬼の死体 

エマとレイは王・貴族が殺しつくされる前の到着に間に合いませんでした 

 

エマは約束”は結べたからみんなで人間の世界へ逃げられる“絶滅”なんてやめようと説得します。 

自分は絶滅はやだしノーマンを殺戮者にするのはもっと嫌だと訴えます 

 

遅すぎるなんてない、難しくてもあきらめちゃダメだと言い、エマはノーマンに自分を殺させない、一人で行かせないと決めたんだと話しました。 

ノーマンは本当は辛いはず、でも頭がいいから確実な道を選び、やさしいからみんなの分まで背負っているのだと指摘。 

自分に嘘をつかないで全部話してほしいと必死で説得します。 

エマには、ノーマンが怖くて震える小さな子供に見えているのです。 

 

ノーマンは、確かにずっと怖かったのです 

今までたった一人で立ち向かって背負ってきました。 

でも、“生きてここを出て、もう一度エマやレイに会うんだ”という希望があったから耐えてこれたのです。 

 

「守ってくれなくていい、私はノーマンの隣を歩きたい!」 

エマの説得に加え、レイもノーマンの苦しむ未来なんか望んでいないと後押しします。 

 

「一緒に生きよう、ノーマン!」 

エマとレイとノーマンは抱き合いました。 

ノーマンはこの二人と「生きたい」と強く思ったのです。 

 

でも、やっぱり無理だとつぶやくノーマン。 

エマとレイは、“僕ら”は長くは生きられないという言葉を聞き、驚きます。 

「助けて、エマ、レイ・・・」 

どうにもできない現実に、溢れる思いで涙を流す、ノーマンなのであった―――――、というところで終わりました。 

 

今回は、Λの発作について光明が・・・!? 

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

 

関連記事:【約束のネバーランド】153

 

約束のネバーランド(記事一覧ボタン)

 

約束のネバーランド154話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

ノーマンの嘘 

「今度こそ、一緒に生きよう」 

エマとレイが手を差し伸べ、ノーマンがとうとう“一緒に生きたい”と本心をあらわにしました。 

しかし、「Λの投薬で僕らはもう長くは生きられない」泣き崩れます。 

「助けてという言葉と共に、独り押し殺してきた心をさらけ出したノーマン。 

 

ここで、ヴィンセントとシスロが「僕ら」という言葉に反応します。 

ボスはグレイスフィールドの特上なので“サンプル”であり“実験体”じゃなかったから投薬はされていなかったと聞かされていたのです。 

 

ノーマンは、確かに自分だけが隔離管理されていたけど、自分も同じ投薬実験を受けており発作も既にレベル4にまで進行している告白。 

頼れるボスであるために気遣いをさせたくないと嘘をついていたことを謝りました。 

 

レイにこれで全部思いを吐いたか確認され、改めて本心でしたいことを聞かれると、ノーマンは話し始めます。 

王・貴族を殺したことに悔いはないが、これ以上殺さずに済むならもう殺したくない。 

絶滅はやめたいし、城下に撒いた毒の始末をつけたい、そしてΛの皆の命を諦めたくない語りました。 

 

可能性は低くても、残された時間に自分自身の命も含めて諦めたくないと言う言葉に、レイが一言。 

「わかった、任せろ 助けてやる」 

エマも、一緒に何とかしようとノーマンを抱きしめます。 

 

命を救う突破口 

「ふざけるな」 

今更何なんだと怒りをぶつけるヴィンセント。 

自分達は命などどうでもよく、鬼の絶滅で全てを救済し新たな世界を創ること目標にしてきたので後には退かないと言ったノーマンを責め立てます。 

例えボスが辞めても阻んでも、自分は辞めないと力を込めて憤るヴィンセントに向かって、もういいだろ」とシスロ。 

 

シスロは、うすうす気づいていたと言い話し始めます。 

ボスの苦しみ、本当の気持ち 

でもボスの能力・優しさに甘えて自分達が全部背負わせてしまい、ボスを復讐の道具として利用していたのです。 

ボスといえど一人の人間だということに気付、ボスはボスの好きにしていいとシスロは言いました。 

 

復讐はしたいけど、復讐のことよりボスが大事だというシスロは、「俺はあんたについてくよ」と笑顔を見せ、バーバラやザジも同意します。 

納得しきれない表情のヴィンセントをよそに、エマがΛの発作についてを切り出しました。 

 

Λ7214で子供達に出されていた特定の試験薬が原因で起こっている致死性の薬害と発作 

エマとレイは、ドンとギルダが気づいた事実を伝えます。 

 

その薬は、Λの全員に出されその全員に発作が起こっているといいますが、アダムには発作が起きていません 

アダムも同じ実験を受けていたのに、Λを出されて約21度もそういう症状がおきていないのです。 

個人差があるとはいえ、Λを離れてなんの処置もなく1度も起きていないという事実を聞き驚くΛのメンバーたち。 

 

もし本当にアダムだけがあの実験を受けてなお、薬害も発作も起きていないのだとたら可能性があるのです。 

アダムにΛのみんなの命を救える突破口が――――――。 

 

 

王兵の大群 

アダムの件をアジトへ知らせを送り、調べてもらっているがのんびりもしていられない。 

レイは王兵の大群がアジトを探しているとみんなに伝えます。 

この王都に来る途中、二日前の朝にレイたちは見ていました。 

ノーマンが作戦上追い払った兵たちです。 

 

レイとエマを送ってくれたオリバー達がアジトへの連絡や対処に動いてくれましたが、あの大群に見つかってはどうしようもありません。 

早く王都を出てアジトに戻るべきだということになりました。 

もちろん、城下の混乱も何とかしてになります。 

 

これを聞いて、ヴィンセントが「しかしどうやって?」と疑問を投げかけます。 

恐らく城下の民衆にも毒が回っていて、王達はもちろん死んだギーランや五摂家に至るまでも、その血肉は毒で汚染済み。 

 

「大丈夫!」とエマ。 

今、ドンとギルダも城下に来てて、ムジカ・ソンジュとできる限り被害を抑えてくれるよう頼んであることを説明。 

シスロは、邪血を本当に見つけ出したとにも驚きます。 

 

ここで、エマは二手に分かれることを提案。 

エマとレイは王都に残り城下の対応、ノーマン達は今すぐ戻ってアジトを守りに。 

ノーマンは一瞬悩みますが、「わかった!」と答えます。 

 

「動けるか?」とバーバラを心配するシスロ。 

バーバラは女王に腹部を爪で刺されており、血がにじんでいます。 

苦しそうにするも、「意地でもくたばるもんか」気を強く持ち耐えます。 

 

ノーマンは、それぞれに指示。 

シスロは馬の準備、バーバラには後少し辛抱だと、ヴィンセントは脱出経路の動線確保 

思うところがあるが、渋々了解するヴィンセント。 

 

でも、王都の兵に何でバレたのかバーバラが疑問をつぶやくと、ノーマンが考えを言おうとします。 

「それは恐らく・・・」言いかけた時 

 

―――――ノーマンの背後に迫る女王の姿。 

 

口から上のない女王レクラヴァリマが立ち上がっていました。 

ノーマンが振り返った瞬間、大きく口を開けて叫ぶ女王。 

「ボスー!!」 

 

ノーマンの運命やいかに―――。 

 

 

約束のネバーランド154話の感想・考察

3人一緒 

再開して以降、とうとう本音で語り合えたエマ・レイ・ノーマン。 

3人抱き合うところ、ノーマンが涙するところは感動ですね! 

 

これからは離れていた時間を埋めるべく一緒に生きてほしいですが、長く生きられないという問題が。 

この事実だけでも心が弱ければ耐えられないでしょう。 

それをΛのみんなの前でボスでいなければという立場で苦しさはさらなるものだったかと。 

 

そんなノーマンの支えはエマとレイだったのです。 

全てが終わってみんな幸せになってほしい・・・! 

 

女王復活 

完全に倒したと思っていた女王が生きていました! 

生命力がすごいのはわかってましたが、目玉を潰しトドメをさしたと思っていたのですが・・・。 

やっぱり女王だから他の鬼とは違う生命力なんですかね。 

 

とにかく欲してやまなかった「特上の肉」を目の前にしての執念なのか。 

復活して、狙うはどうしたってノーマンです。 

ここでノーマンが食べられてしまうなんてことはあってはなりません・・・! 

 

 

 

投薬による発作について、命を救う光明が見えました! 

アダムにどんな秘密が・・・。 

そんな矢先、まさかの女王復活 

ノーマンが危機一髪の場面で次週へと続きます。 

 

続きがとにかく気になる展開が続きますね。 

次回155が待ちきれないです! 

 

関連記事:【約束のネバーランド】153

約束のネバーランド(記事一覧ボタン)

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2019 AllRights Reserved.