【ザ・ファブル】234話(45号)ネタバレと感想

投稿日:

ザ・ファブル|ネタバレと感想

 

【週刊ヤングマガジン】(2019年45号)ザ・ファブル最新話(234話) 上に立つ男・・・・。」のネタバレです

 

前号では倉庫前にキャンピングカーが止まっています。その中にボスがいて佐藤を呼び込みます。ボスは一緒にいた運転手に倉庫の中での事態収拾を命じ倉庫に向かわせます。

 

一方…マツ、ヨウコ、鈴木は、京都の山奥での二郎捜し向かっていましたが、二郎を拘束したものの、条件反射で二郎を銃で撃ち虫の息にしてしまいます。

 

倉庫内では事態収拾に向かった運転手が海老原とユーカリ、アザミの小競り合いを終結させて、ボスを待ちます。佐藤はボスと密談が終わり、倉庫を後にしました。

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【ザ・ファブル】233話(43号)ネタバレと感想

 

 

ザ・ファブル234話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

二郎の最後

京都の山奥各々の咄嗟の条件反射による銃弾を浴びて、致命傷を負い倒れてしまった二郎が、もがき苦しんでいます。

 

ヨウコが、生きたまま連れて帰ってくる条件なのに二郎はこの状態なら10分しかもたない

と男達に言ってます。

 

段々痙攣が小さくなる二郎に向けて、マツが銃を放ちます。マツは、『楽にしてやりたい、海老原さんには俺から話すよ。』と二郎にとどめを刺しました。

 

ボスの登場

倉庫には、海老原と高橋、ユーカリ、アザミ

そしてボスの運転手がいて、静かに横たわる山岡がいます。

 

そこへボスが登場し中に入って山岡に近づきます。「まぁ…ゆっくり休め。」とすでに息をしていない山岡に言葉をかけ、顔を山岡の衣服で隠し一通り弔いを終えたあとユーカリとアザミに「何か言いてえ事は?。」とアザミとユーカリに言い放ちます。

 

アザミは、

「何も、あんたの命令に背いてでも山岡を助けたかっただけだ。」

続けてユーカリも、

「俺だってアザミと同じだ!殺処分でも文句は言わねぇ。」

 

ボスは嘲うかのように『おまえらも山岡も完全にアキラの実力を見誤ったな』と静かに言います。続けて海老原に、この事態の落とし所を話しをしよう。と伝えます。

 

海老原は了承しますが、でも自分が出てくるのが遅くないか?とボスに意見します

 

「こっちにだって事情はある。」

 

ボスは淡々と答えます。さらに海老原は佐藤がどう動くかどう対処するか一番観たかったんだろ。と続けて尋ねます。

 

 

ボスは冷静に、そういう取り方もあるが、俺は俺のやり方で組織の膿を出しただけだ!と答えました。さらに海老原にも、自分もそうじゃないか?と逆に返し、今回の事で砂川や水野という膿が出た…そうじゃないか?

 

上に立つ者の役目だよ。もっと先の先を考えないといけない

 

黙って聞いていた海老原は、

「そう考えた場合、二郎って男は 俺にはゴミやが、そっちには兵力になるか?」

と、尋ねた時、ヨウコからの電話がかかります。うわさをすればと海老原は電話を取りました。その際にボスに、二郎はこっちで処分すると、伝えます。「そうかぁ 二郎捕まえたか?よし。」と近くで聞くボスの前でヨウコと会話していますが、死んでしまったこと

ヨウコの口から聞くと海老原は「殺せッ!!。」と伝えられ電話の向こうではヨウコが驚いていますが、そのまま電話を切りました。そして「て…いう事や!。」とボスに伝えます。

 

男達の今後の事

ボスは悟ったかのように「そっちがそれでいいなら良しとしよう。これから仕事の話をしよう五代目」と歩みよります。海老原はソファに座っていた高橋に手で退くように指示しソファに座って向かい合います。海老原はまず、ユーカリとアザミそして佐藤とヨウコについての今後についてボスに尋ねます。

 

ボスは、ユーカリとアザミについては佐藤より二人を生かしてくれと言われたようてその方向で、佐藤とヨウコについては、ちゃんと考えてる と答えました。

 

オクトパスに帰社

約束の30分を超え、時間を気にしているミサキと、それに気付いて「50分はかかるって言ったろォ~。」と意気揚々とミサキに話しかけます。

 

からかう社長とミサキの会話が続きます。そこで、インターホンが鳴り社長は、不審者じゃないか?と驚いていますが、インターホン越しに佐藤の顔が映ってるのが見え、玄関を開けます。ただいまと、帰って来ました。

 

ミサキは、佐藤を気遣い怪我や打撲や体は大丈夫かを確認し、佐藤は大丈夫と答えて中に

入って行きました。少し笑顔のようにも見えます。次号235話に続きます。

 

 

ザ・ファブル234話の感想・考察

ボスが倉庫に入ってきた描かれ方が威圧感を感じます。微妙な表情の違いのボスにただならぬ男の魅力が伝わってきますね。

 

海老原組長が、佐藤がどう動くかあんたが一番観たかったんだろう?。と尋ねてますが、

佐藤は山岡を本当に殺れるのか?前に山岡に一般の生活の中で、感化され感情が、例えば

仲間が出来た。ユーカリもアザミもそう思ってる。と山岡に言ったように山岡にとどめを刺せず仕舞に幕が降りた時に佐藤の頭の中で色々なことがよぎってました。ボスが見たかったものとは?殺せる佐藤か?殺せない佐藤か?

 

海老原組長は二郎を自分の手で落とし前をつけるつもりで、生かせて連れて来いとマツに言ったのでしょうが、死んでしまった?と聞いて、咄嗟に殺せとボスの前であくまでも自分の命令で殺させたという図式に持っていきたかったのか?仕事の話しに関して優位に立ちたかった?それともヨウコの命令失敗を隠したかったのか? 携帯の中にGPSや盗聴などをつけるくらいだから、二郎が死んだことや山岡が死んだことなんてお見通しだったのでは?…

 

マツの男樹や殺し屋としての優しさなんでしょうか?横たわり小さく痙攣する二郎にとどめを刺し楽にしてやりたい海老原組長には私から説明すると言い、やっと娘と住めるかもしれないのに幕を降ろす為ケジメだけは

つけると?海老原組長にあったら消されるかもしれないのに…

 

男樹と言えば、アザミとユーカリ、命令を背いても山岡を助けたかったと、殺処分になっても助けたかった。と言ってます。親として仲間として山岡を自分の命を投げうっても守りたかった絆の深さを感じました。

 

アザミのメガネは衝撃噴射システムを仕込んでいて、衝撃を受けると催涙ガスが出るようになっていたんですね?ボスは色々お見通しです。

 

結果は、膿出しに成功はしたものの、双方の膿を出すまで死人が出過ぎました ヨウコがもし組織が事情を知ったミサキを消すのなら、組織を敵に回してでも守る と言っていました。盗聴されていたとしたなら、ボスに存在が知られているはず、ん?そう言えば、高橋も?ボスの総意は?佐藤自身がミサキから離れることを考えている?大事な友人、仲間の為に……?。

関連記事:【ザ・ファブル】233話(43号)ネタバレと感想

 

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2019 AllRights Reserved.