【彼女、お借りします】111話(週マガ45号)ネタバレと感想

投稿日:

彼女、お借りします|ネタバレと感想

 

「週刊少年マガジン」2019年45号に掲載されている「彼女、お借りします」111話のネタバレです。

 

前回110話ではまさかのるかちゃん乱入で波乱の展開が繰り広げられました。

映画製作の打合せという事情がありながらも、内緒で千鶴を家に連れ込んでいたことが発端となり修羅場が巻き起こります。

 

和也と千鶴の必死の説明でなんとか事情を理解し納得してくれたるかちゃんでしたが、二人に条件を提示しました。

「私も映画製作を手伝います。」

嫉妬に燃えるるかちゃんの予想外の条件提示。

 

そして今回の111話へと続いていきます。

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【彼女、お借りします】110話(週マガ44号)ネタバレと感想

 

 

彼女、お借りします111話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

揺るがない意志

自身も映画製作の手伝いとして参加することを条件に映画製作を許すと言うるか。

更に「これは決定事項である。でなければ"彼女"として二人の映画製作を許すわけにはいかない。」と続けて発言します。

 

その言葉に千鶴は「私たちは何も・・・」と意見しようとしますが、それに割ってるかが話し始めます。

るかは二人の関係には懐疑的であると言うのです。また「今後二人(和也と千鶴)だけの時間を作ることが"彼女"として耐えがたい。」と。

 

るかの言い分

そしてるかの言い分としては

1.今日が本当に打合せなら目的は映画であり二人の時間ではない、つまりるかが映画製作の仲間に加わってもなにも問題はない

2.るかが仲間に入ることで自ずとるかと和也が一緒に居れる時間が増える

3.人手不足も解消される

 

完璧なる正論に顔を引きつらせ苦笑いをする和也。

しかし千鶴はその意見を受け止め「確かに一理ある。今後人手不足になることは目に見えているし助かるくらい。」と冷静に返しました。

 

そして意見の決定はプロデューサーである和也にゆだねられます。

和也は悩んだ末にるかが手伝いに加わることを了承するのでした。

 

カレーとオムライスの質問

これにて問題は解決したように思えましたが、るかがもう一つ確認したいことがあると言い出します。

 

「千鶴さんのオムライスと私のカレーどっちがおいしかったですか?」

 

この質問には言葉を詰まらせる和也。どっちを選んでも正解はないと分かっていたからです。

カレーが旨かったと言えばせっかく気を使ってオムライスを作ってくれた千鶴が気を悪くすることは目に見えているし、オムライスが旨かったと言えばるかがブチ切れるのが目に見えています。

 

和也が出した答えは、カレーでした。

るかは千鶴に勝ったと勝利の余韻に浸りながら和也に抱擁をするのでした。

 

和也が恐る恐る千鶴のほうを見ると千鶴は一切怒ってはおらず、コクコクと頷くのみ。

 

しかし千鶴は和也の家を出た後、「カレーかな」とカレーを選んだ和也を思い出し悲しげな表情を浮かべていました。

 

 

 

彼女、お借りします111話の感想・考察

るかちゃんの嫉妬が深い一面が見れた111話でした。

 

物語の進展としてはるかちゃんが映画製作の協力者として新たに仲間に加わったことですね。

るかちゃんを映画製作の協力者として仲間に加えてあげるのは必然、というか当然であると感じました。

仮にも彼女なわけですから。理由はどうあれ彼氏が毎晩のように別の女の子と会っていたらそりゃ怒りますよ。

 

そしてカレーとオムライスの件で千鶴が悲しげな表情をしていたのが気になりました。

和也に対して好きという感情が生まれてきているのではないでしょうか。このまま和也と千鶴が結ばれるのか。それともるかちゃんか。

三角関係な恋模様も気になるところです。

関連記事:【彼女、お借りします】110話(週マガ44号)ネタバレと感想

 

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2019 AllRights Reserved.