【BUNGO-ブンゴ-】204話(45号)ネタバレと感想

更新日:

BUNGO-ブンゴ-|ネタバレと感想

「週刊ヤングジャンプ」2019年45号に掲載されている「BUNGO-ブンゴ-」204話のネタバレです。

前回の203話では、登板したブンゴが2者連続でフォアボールを出してしまったところで終わりました。しかし、キャッチャーの袴田は何かを感じている様子でした。

今回の204話では、ブンゴのピッチングの続きが描かれています。静央に試合の流れを持ってくるピッチングを見せられるのかに注目です。

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:BUNGO-ブンゴ-】203話(44号)ネタバレと感想

 

 

BUNGO-ブンゴ-204話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

悩める怪物、河村

ベンチで自分のチームの攻撃を見守る、天才バッター河村は、「石浜くんを引っ張り出したはいいけど、僕まで回ってくるかなあ」と心待ちにしていたブンゴとの対戦に思いをはせていました。

 

しかし、ブンゴは、時間が出てから乗ってくるタイプのため、この回では対戦したくない。けれど、7回裏は自分たちのチームがリードしていると攻撃できない。そんな中、河村はピッチャーの碓井にとんでもないお願いをするのです。

 

「2点くらい、とられてくんない?そしたら7回裏に僕がサヨナラを…」もちろん碓井は、「殺すぞ、てめえ。」と取り合いません。

 

ブンゴの投球練習おわり

連続フォアボールで無死1・2塁のピンチをむかえているブンゴですが、キャッチャーの袴田にこう言います。「大丈夫だよ袴田。練習は終わったから…」

 

そして、「袴田、ここからは…」と意味深なことをつぶやき次のバッターを迎えます。投げたボールはコースは甘いがストライク。バッターもフォアボールの後のストライクをとりに来た球を狙い撃ちします。

 

アウトの取り方

バッターの打球はセンターの間瀬のところへとびます。ほぼ定位置でステップしながら補給した間瀬は、素早く三塁へ送球します。

 

タッチアップをする気が起きないほどの強肩を披露したのです。ランナー釘付けで1死1・2塁となります。

 

その間瀬にブンゴは人差し指を立てます。何かのメッセージを送ってきたことはわかる間瀬ですが、内容まではわかりません。

 

次のバッターは

ブンゴが投げたボールは、またしても高々と打ち上がります。打球はセンターの間瀬のもとにとび、再びレイザービームを三塁へと送ります。間瀬が強肩を再び見せて、2死1・2塁となります。

 

そして迎えたバッターは1番キャッチャー皆浦です。浮き上がるようなボールが豪快にキャッチャーミットに収まります。3球連続ど真ん中ストレート。3球三振でスリーアウトチェンジになりました。

 

ベンチに戻る静央ナイン

「ブンゴ…狙ったのかい?」間瀬がブンゴに問いかけます。「打たせたと言うのかい。2度も僕の所に。」

 

ここで「練習は終わった」の発言と、先程のブンゴが間瀬に人差し指を指した意味がわかります。過去にあこがれの先輩が見せた、投球で狙ったところに打たせる技術をブンゴもやってみせたのです。

 

最終回、バッター鮎川

7回表、静央の攻撃。2点ビアインド。相手ピッチャーは投げるごとに調子を上げている碓井。状況はかなり厳しい。そう分析しながら鮎川瑛太はバッターボックスに立ちます。

 

静央の勝利のために、まだ出来ることがある。強い眼差しでピッチャーの碓井を睨みつけます。

 

一方で、ピッチャーの碓井も気合十分。「フルパワーでぶっ殺しにいくぜ。」最終回の静央の攻撃が今、始まろうとしています。

 

BUNGO-ブンゴ-204話の感想・考察

ブンゴの投球技術の高さ

前回の203話では、フォアボール2つを連続で出して、観客たちをやきもきさせたブンゴですが、キッチリと0点で富士ヶ丘打線を抑えました。その中で見せたのが、高い投球技術です。

 

打たせたい所に打たせることは簡単ではありません。一番アウトになる確率が高い、守備範囲が広く、強肩のセンターの間瀬の所に、狙って打たせたのです。

 

また、強肩を見せつけることで相手を威圧したり流れを持ってくることも考えていたと言うのですから末恐ろしですね。

 

鮎川瑛太がしかける「できること」とは

次回の205話では、鮎川の攻撃から始まります。河村との対戦に破れてマウンドを降りた鮎川ですが、バッターとして何をしかけるのでしょうか。

 

2点ビハインドの最終回で、先頭バッターである鮎川ができることといえば、必ず出塁すること。出塁のためには、ヒット、エラーなどの他に四死球があります。

 

鮎川の狙いは、おそらく四死球でしょう。また、四死球を狙う中で球数を投げさせられれば、なお良しというところでしょうか。

 

次回205話で、鮎川がどんな秘策をだしてくるのかにも注目したいですね。

関連記事:BUNGO-ブンゴ-】203話(44号)ネタバレと感想

 

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2019 AllRights Reserved.