【かぐや様は告らせたい】151話ネタバレと感想!史上最大スケールのインド編!!

更新日:

かぐや様は告らせたい

「週刊ヤングジャンプ」2019年41号に掲載されている「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」151話 四条眞妃は語りたい のネタバレです。

 

男女が恋愛を謳歌している、クリスマスの輪からはじき出された四条眞妃。

向かった先はなんとー

 

インドのニューデリー!!

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【かぐや様は告らせたい】150話ネタバレと感想!白銀父の邪眼開眼!!

かぐや様は告らせたい(記事一覧ボタン)

 

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 151話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

クリスマスの日。

インドに居るのは『四条眞妃』、眞妃の双子の弟『四条帝(みかど)』、そして現地のガイド『シンさん』。

帝は、姉を一人で海外旅行などさせられない、とクリスマスの日にわざわざインドまでついてきたようです。

 

悟りを開くため

クリスマスの日にインドに来てしまったことに頭を抱える帝。

姉を一人で海外旅行などさせられない、と彼はついてきましたが、眞妃は「アンタが勝手についてきたんでしょ」と冷ややかな反応です。

帝はなぜインドだったのか、と眞妃に問いかけます。

 

「悟りを開くためよ」

俗世の煩わしい雑念から解放され、涅槃(ねはん)を目指すにはこの国くるしかなかった。

遠い目をする眞妃に帝はやや引き気味です。

 

翼と渚が付き合いだしたことを引きずって悟りや涅槃と言いだしたなら、相当なアホだ、と言う帝。

眞妃は何も言わずに弟の両腕を引っ張り、技をかけます。

 

好きな人を諦めることも、友達を嫌いになることもできない渚。

深く傷つき、どす黒く濁っている心の救済には涅槃しかない、と考えていたようです。

しかし、帝は今までに眞妃の心が綺麗だったことなど一度もない、と突っ込みます。

空気が読めない弟に再び技をかける眞妃。

 

ガイド・シンさんに悟りを開く方法を聞きますが、まずは腹ごしらえとインド料理の店に連れていかれます。

インド料理はどうか、と聞かれる眞妃は冷静に言います。

「日本のインドカレー屋と全く同じ味がする」

これは作者のインド取材旅行の成果(感想)でしょうか…。

 

それ観光だから

やってきたのはタージ・マハル。

王様の奥さんのお墓です。

とても大きいお墓で、日本人(観光客?)が行くと現地の人の28倍の入場料をとられるそうです。

これも作者の取材の成果でしょうか。

 

その後もアグラ城、モスクと2人は案内されます。

ちなみにアグラは『胡坐をかく』の語源ではないそうです。

頭に布を巻いて、モスクでお祈りの体制を取る眞妃。

 

ムガル帝国シャー・ジャハーンは愛妻家だったみたいだけど、馬鹿みたいに豪華な妻の墓を作って散財

最終的には息子に死ぬまで幽閉された

一体愛とは何…?

 

帝はそんな姉に悟ったかを問いかけます。

「まぁそこそこ悟った感あるわね」

行き過ぎた愛は身を亡ぼすことを悟った眞妃ですが、帝はインドに来なくても悟れたのでは、と冷静に突っ込みます。

 

そして母なる川、ガンジス川へ向かおうとする眞妃。

このためにインドまで来たと決意の眼差しの眞妃ですが…。

シンさんのガンジスまで飛行機で6~7時間かかる、の一言にダルくなる眞妃。

帝は付き合ってくれようとしているのに、肝心の眞妃のやる気が一気に低下です。

これも作者の実体験なんでしょうか…?

 

結局そんなに遠いならいいや、とデリー内を見て回ることにした3人。

インドの風に当てられて悟りを開けそう、と優雅にお茶を飲む眞妃。

ヨガをしたり、ショッピングをしたり、マッサージを受けたり、と悟りを開こうとします。

「悟る気ねぇだろ!!やってる事ただの観光じゃねぇか!!」

帝の叫びが響き渡ります。

 

 

インドに来てなんか気が付いた?

占いの先生に翼との相性を見てもらう眞妃。

「普通だって」と言われてしまい、遠い目になります。

悟りを開こうとこんな地の果てまできてしまった、と空を眺める眞妃。

 

恋愛なんてそんなもん

うまくいってる人たちなんて一握りよね

 

そう思っている眞妃ですが、同時期会長とかぐやは公園でキスをし、石上とつばめ先輩はベッドの上で急接近、翼と渚は…姿すら全く描かれず、お察しです(笑)

クリスマスですからね!

 

そして眞妃たちは、インド料理に飽きたと日本食を食べに行きます。

焼きそばといわれビーフンが出てきて、炒飯といわれピラフが出てきます。

そして最後にカレーライスが。

日本の家庭料理の味の再現度が高いカレーライス

これも作者の取材旅行の成果…?

 

そして、お腹を壊して5つ星ホテルのベッドに寝ている眞妃。

帝はそんな眞妃に問いかけます。

「どうだった?インド来てなんか気づいた?」

 

「やっぱ私インドより、日本が好きかなぁ」

結局碌なことを悟らなかった眞妃でした。

 

『インド編』完

 

 

 

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 151話の感想・考察

作品史上最大スケールでお届けしたというインド編。

悟りを開くためのインド旅行で、眞妃は日本が好きってことを悟ったようです。

 

というか、クリスマスから逃れたかったというのが眞妃にとっての一番な気がします。

クリスマスに盛り上がっている面子を見るのは辛いですよね。

 

そして、わざわざインドまでついてきてくれた双子の弟・帝。

今回一番の被害者は彼だったかもしれません。

なんだかんだと眞妃を放っておけない彼は優しい気質が見えていますが、それにしたって一言多い。

色々と残念そうなキャラではありますが、今後の活躍に期待しています。

 

さて、152話は再び生徒会室でのお話のようです。

冬休み編はこれで終わり…かな?

藤原書記と早坂の話がまだ残っているので、このあたりと繋がる話でしょうか。

 

関連記事:【かぐや様は告らせたい】150話ネタバレと感想!白銀父の邪眼開眼!!

【かぐや様は告らせたい】152話ネタバレと感想!冬休みも終わり…?

 

かぐや様は告らせたい(記事一覧ボタン)

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2019 AllRights Reserved.