【呪術廻戦】74話(40号)ネタバレと感想

更新日:

呪術廻戦|ネタバレと感想

 

「週刊少年ジャンプ」2019年40号に掲載されている「呪術廻戦」74話のネタバレです。

 

呪力を持たず透明人間のような伏黒が自身の能力を夏油に説明し、自身の情報を開示し天与呪縛の効果で能力の底上げを図かりました。

伏黒は、残穢ではなく人間自身の臭跡、足跡を呪縛で上がった五感を使って夏油や天内を追跡してきました。

黒井は、たぶん殺されました。

 

夏油は夏油最高硬度の虹龍やロングコートで長い髪の中に複数の眼を持つ女性の呪霊を使って伏黒を攻撃しますが、伏黒はすべて退けます。

夏油は近接戦闘に持ち込み、呪霊操術により伏黒の武器庫となっている呪霊を取り込もうとしましたが、呪霊操作が弾かれ女性の呪霊もろとも倒されてしまいました。

その時、五条の小指が少し動きました。

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【呪術廻戦】73話(39号)ネタバレと感想

 

 

呪術廻戦 74話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

盤星教の状態

盤星教本部 星の子の家に伏黒が戻ってきました。

倉庫の呪霊から天内の死体を吐き出させ、盤星教の代表役員である園田に引き渡しました。

園田は、成功報酬に色をつけて支払いました。

 

色をつけた理由は、盤星教が天元様が日本仏教が広がった際に道徳基盤を説いたことで初まったそうです。

宗教法人と呪術界がうまくいかず、現在の盤星教「魂と器の会」が誕生したとのことでした。

現在の呪師は原則、非術師に手を出せないがゆえに盤星教は非術師を徹しているそうです。

 

そんな盤星教の唯一神である天元様が星漿体というケガレとの同化は経典に示されたタブーとされていました。

教徒の手前、同化を見過ごせば会が立ち行かなくなり、行動が過ぎれば術師につぶされるといった身動きの取れない状態であった盤星教としては、今回の結果は財布が緩むほどの結果だという理由からでした。

仲介役が天元が暴走すると人間社会が崩壊するかもしれないと質問するが、園田は星と共に落ちるのは已む無しと発言し、天内の遺体を持ち奥に消えました。

 

復活

伏黒の仲介役は、最初にメイドを殺さず救うことで五条の油断を誘う為に、盤星教が沖縄まで運んだ運賃などのことでゴネると思っていたそうです。

仲介役と分かれ伏黒が盤星教本部から出て、帰ろうとしていると正面に五条が立っていました。

「よぉ 久しぶり」

 

と言う五条に対し、マジかと伏黒が驚きの表情を見せます。

「反転術式か!!」と伏黒が気が付きます。

 

反転術式

五条は、喉を刺された瞬間から反撃を諦め、全神経を反転術式に注いぎました。

呪力は負のエネルギーである為に肉体強化は出来ても肉体の再生は行なえません。

負のエネルギー同士をかけ合わせることで正のエネルギーを生み出すことを反転術式と呼ぶそうです。

 

五条も今までは反転術式が出来ていたわけではありませんが、死に際で呪力の核心を掴むことが出来たそうです。

五条が伏黒の敗因は、五条の首を落とさなかったことと術具で頭を刺さなかったことだと言いました。

 

術式反転 赫

敗因という言葉に伏黒が反応し、勝負はこれからだと言い呪力を無効化する特級術具「天逆鉾」を取り出します。

「あー?そうか?そうだな。そーかもなあ!」

と体をのけぞらせ、天を仰ぎつつハイになっている五条が答えました。

 

瞬間、伏黒が間合いを詰め左から背後、さらに右に周り五条の腹を切りつけます。

しかし、五条はするりと宙に浮きながら躱しました。

そして、反転術式により生まれた正のエネルギーを自らに刻まれた無下限の術式に流し込みます。

 

術式反転 赫

 

以前は失敗した技ですが、覚醒した五条は成功させます。

伏黒は赫により数百メートル以上吹き飛ばれ、壁にぶち当たりました。

伏黒が「化物が」と呼ぶ五条の顔はハイになりすぎて、口が半開きで目も半分しか空いておらずどこを見ているかわからない状態でした。

 

 

呪術廻戦 74話の感想・考察

てっきり、天元様の結界内で再戦が始まると思っていましたが、そのまま伏黒が盤星教の本部に天内の死体を渡したことに驚きました。

私としては、天元様の結界内がゆえに死者が蘇るという予想をしていたからです。

もしくは、五条の六眼の効果で幻影を見せていたという予想もなくなってしまったからです。

 

五条が登場した瞬間まで伏黒が喉を指す瞬間まで戻る幻影パターンを予想していたので、いい意味でも期待を裏切られました。

五条の言う術式反転が正のエネルギーになると言うことは理解出来ました。

体を再生したりすることが可能になるということなのだとろうと思いますが、一体どこまで万能な力なのかとても気になります。

 

そして、赫と蒼の違いについてはさっぱりわかりませんでしたので、いつかは説明して欲しいと思いました。

きっと五条は、領域展開まで体得するのではないかと予想しています。

関連記事:【呪術廻戦】73話(39号)ネタバレと感想

関連記事:【呪術廻戦】75話(41号)ネタバレと感想

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2019 AllRights Reserved.