【ゴールデンカムイ】208話(36・37合併号)ネタバレと感想

投稿日:

ゴールデンカムイ

 

「週刊ヤングジャンプ」2019年36・37合併号に掲載されている「ゴールデンカムイ」208話のネタバレです。

 

207話は、樺太から場面がガラリと変わって鶴見中尉の居る登別でのお話でした。

有古の裏切り、奪われる刺青人皮。

有古はいつから土方陣営と繋がっていたのか…。

 

208話は、そんな有古が刺青人皮を盗みに来て見つかってしまう、絶体絶命の場面から始まります。

 

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【ゴールデンカムイ】207話(35号)ネタバレと感想

 

 

ゴールデンカムイ208話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

有古と土方

195話のラスト、都丹が雪崩に飲み込まれた時の直後までさかのぼります。

 

有古は、雪崩に飲み込まれた都丹を発見し掘り起こしました。

まだ息があったので、他の囚人について何か聞きだせるかもと都丹を担いで山をおります。

 

その有古を、望遠鏡で覗く人がいます。

阿寒湖での話以降ご無沙汰だった、土方歳三です。

横には、網走以降出てこなかった夏太郎が銃を構えています。

 

「有古イポプテ」

土方は、有古の名前を知っていたようです。

それも、力松という和名ではなく、イポプテというアイヌ名を。

 

二重スパイ

刺青人皮を盗ろうとして見つかった場面に戻ります。

 

浴衣の上に肋骨服を羽織った鶴見中尉が、有古に土方と自分の違いを説明します。

 

土方は、北海道を日本から独立させる計画をしているので、アイヌからの信頼と支持が必要なので、有古が土方から裏切ったとしても徹底的な報復はできない。

それに対しわたしは、和人もアイヌも関係なく同胞として平等に制裁を加えると。

 

そう言って鶴見中尉は、有古の母、兄、嫁いだ姉、甥っ子と、順に身内の名前を挙げていきます。

 

そして、持ちかける取引。

鶴見中尉は、有古にここにある刺青人皮を全て土方の所へ持って行くよう言います。

信用させて、土方陣営にもぐり込んで二重スパイをしろと。

 

「出来るな?有古一等卒」

有無を言わせない雰囲気に、黙って目を閉じる有古。

 

それをYESと取った鶴見中尉は、有古に「必死に奪ってきた感じ」が欲しいと言います。

宇佐美にやれと命じ、宇佐美は

「ハイ喜んで」

と返し構えます。

 

前回(207話)のラストからずっと怒りっぱなしだった宇佐美。

頭突きに始まり、無抵抗の有古をひたすらに殴ります。

 

そして、それを静かな表情で見つめる菊田…。

 

必死に逃げろと、血まみれになった有古に鶴見中尉は言います。

追手の部下には何も知らせないからと。

 

そして、せーのの掛け声で、有古は窓から投げ捨てられてしまい、そこから都丹と合流したシーンへ繋がります。

 

有古が逃げた後、残った鶴見に菊田は全部渡して良かったのかと尋ねます。

紙に写したものでも良かったのではないかと。

 

それに対し、鶴見は皮である事が大事なのだと答えます。

紙の写しではいくらでも偽造が出来るので信用が無いと。

 

今回、有古が持ってきた刺青人皮は都丹のものではないが、恐らく本物だろうという事で、鶴見中尉は紙に写しました。

これは、鶴見中尉が自分一人で写し取ったので鶴見中尉にとっては本物と同等の信用があります。

しかし、その他の人間にとってはその信用は途端に低くなってしまうはずだと。

 

皮である事が本物の証となるので、江渡貝くんの作った刺青人皮には価値がある…。

今回、有古に持たせた刺青人皮は全て本物の人間の皮でできた偽物で、でもあいつは偽物の存在すら知らない。

 

土方歳三たちは、鶴見中尉より先に暗号を解きかねないので、今回あちらに渡った偽の刺青人皮はきっと効力を発揮する時が来るだろうと。

スポンサーリンク

逃げる有古と都丹

夜中に鶴見中尉の所から逃げ、すでに辺りは明るくなっています。

少しは休ませろと言う都丹に、まだ十分じゃないと返す有古。

もう一日、寝ずに逃げないと追い付かれてしまうからと。

 

そのまま再び暗くなって夜になった頃、ようやく土方の待つ建物に到着しました。

 

建物の中には、土方と永倉、そして夏太郎が居ます。

有古の顔を見て、随分やられたと声をかける永倉に、刺青人皮を盗もうとして見つかったのだと説明する有古。

後ろでは、都丹が「疲れた~」と横になっています。

 

「収穫は?」

と問う夏太郎に、有古は持ってきた刺青を広げます。

 

都丹の分だと称して持って行った関谷の刺青、そして鶴見中尉が持っていた5枚の計6枚です。

 

これで全部かと問う土方に、これが鶴見中尉に見せてもらった全てだと答える有古。

永倉が、一枚は常に身に着けていたはずだと言うと、風呂の時間を狙ったからこの中に含まれているはずだと答えます。

 

お見通し

部屋で休んでいる有古。

外に出た土方と永倉に、夏太郎は有古は信用できるのか問いかけます。

 

それに対する、土方の返事は「要注意」でした。

 

土方が有古に持って行かせた刺青人皮は、都丹のものではないとバレるのを分かった上で持って行かせたそうです。

それを聞いて、青ざめる夏太郎。

 

網走監獄では、地下に居た夏太郎や土方と違い、永倉は山の中にいました。

その時に、永倉は杉元が鶴見中尉に確保されたのを見たそうです。

そこから、鶴見中尉は既に都丹の刺青の写しを持っているのは分かっていたから。

 

偽物を持って行った有古が逃げてこられたという事は、間者になったか、あえて刺青人皮を奪わせたかのどちらか…。

どっちであれ、土方が持って行かせた刺青人皮以外の5枚は偽物である可能性が高いという事。

 

ですが、土方はそれが欲しかったと言います。

江渡貝くんの家に忘れられていた1枚と、今回の5枚。

江渡貝くんの家にあった人体のはく製は6体。

 

刺青人皮は、コピーではなく皮であれば本物である可能性が高いと言えます。

本物の人の皮でできた偽物が出回ると厄介です。

しかし、それがばら撒かれる前に全て確保できたのは大きいと。

 

今回手に入れた刺青人皮は、限りなく黒に近い灰色ですが、非常に良い収穫であったと。

 

 

鶴見中尉は言います。

「暗号解読の鍵となるアシリパを、我々で厳重に警護せねば…!!

樺太へ向かうぞ!!」

次回(209話)へ続きます。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ208話の感想・考察

駆け引き

今回、鶴見中尉は二重スパイを、土方は偽の刺青人皮を手に入れました。

お互い、どこまで相手の手の内を分かっているのでしょうか…。

 

刺青人皮ですが、土方が江渡貝邸で拾ったのが偽物だとして。

鶴見は、稲妻の話の時に賭場に偽人皮を流し、それが最終的に夏太郎が手に入れ土方の手に渡っているので、既に2枚の偽人皮を持っていました。

 

しかし、今回有古が新しく土方の元に持ってきたのは5枚(+関谷)。

…剥製職人の江渡貝くんがあれだけ苦労して作った偽人皮が、そうそう簡単にいくつも作れると思えないので、この7枚のうち少なくとも1枚以上は本物が混ざっているという事でしょうか…。

 

今回有古に持たせた5枚は偽物だと言っていましたが、この時の話し相手は、最近まで前線から外されていた菊田です。

もしかしたら、全て本当の事を言っている訳ではないのかもしれませんね。

流石、元情報将校です。

頭がこんがらがってきました…!

 

有古力松

有古は、どういった男なのでしょうか。

前回(207話)、奉天会戦の時に菊田と共に塹壕の中でお互い死なない様声を掛け合い一晩明かしたとありました。

その流れから、菊田とはその後もずっと一緒に行動していたのでしょう。

 

どういった流れがあったのかは分かりませんが、菊田は鶴見の実行部隊から外されて登別で療養する事となり、そこに有古も同行したという感じでしょうか。

 

鶴見の元に戻りたい菊田が、手土産に刺青人皮を欲し、それに有古が協力。

しかし、その最中に土方と接触、どういう流れか(鶴見のように脅されたのか、取引を持ちかけられたのか)は分かりませんが、都丹を助け土方の手助けをする事になり、しかし、それを見破られ鶴見軍勢からは二重スパイとして使われる事になる。

 

菊田の為に動いていたら、気付いたら鶴見と土方から良いように使われている有古が、可哀想でなりません。

しかも、どちらからも信用されていないという…。

 

前回(207話)からずっと、菊田が悲しそうな寂しそうな表情をしているのが気になります…。

いつか、菊田がこの有古の状況を打破するべく動く時が来るのでしょうか。

 

父親がアイヌ殺しの際に殺されたという有古、もしかしたら暗号解読のヒントを持っているかもしれないのに、この扱いです。

アシリパさんを、このまま鶴見中尉に会わせて大丈夫なのでしょうか…。

 

有古とアシリパさんの今後の身の安全が気になりますが、次週は本誌が合併号のためお休みです。

次号(38号)は、8月22日発売予定です。

関連記事:【ゴールデンカムイ】207話(35号)ネタバレと感想

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2019 AllRights Reserved.