【ブラッククローバー】212話ネタバレ!悪魔の最期に魔導士たちの集結

更新日:

 

ブラッククローバー

 

「週刊少年ジャンプ」2019年33号に掲載されている「ブラッククローバー」212話のネタバレです。

前回211話ではユノやヤミの尽力もあり、限界の身体を何とか奮い立たせて悪魔にトドメの一撃を与えたアスタ。
ようやく恐ろしい悪魔を倒しきることができたようです。
しかし残された悪魔の魔法は消えず、影の王宮自体が崩壊の危機を迎えてしまうます。
アスタをはじめとする魔導士やエルフは、ここから脱出することができるのでしょうか…。

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【ブラッククローバー】211話ネタバレ!いよいよ決着?最後の力を振り絞るアスタ

 

ブラッククローバー(記事一覧ボタン)

 

【ブラッククローバー】212話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

 

さよなら敗北者

 

気力を振り絞って再び反魔法の力を増幅させたアスタの渾身の一撃は、見事に悪魔の体を二つに切り裂きました
心臓にも致命的なダメージが与えられた悪魔は、身体を修復することができずにただ「バカな」と繰り返します。
こんなことが…ありえない…という言葉も弱々しいままです。

 

そんな消え入りそうな悪魔の目の前には、別の悪魔が現れて笑っていました。
それは悪魔に向かって「ハジメマシテ先輩…」と愉し気に声をかけます。
目の前の存在が何者かわからずキサマはダレだ?と悪魔は不思議がります。
しかしそれに対して目の前の存在は知る必要がないと笑い、どれだけ強かろうが凄かろうが負けてアンタは消えると言い切ります。
そしてサヨナラ敗北者…と切り捨てるように言いました。

 

悪魔はその直後、崩れるようにサラサラと消滅していきます。
そしてとうとう周囲の塵に紛れるように悪魔の姿は消えてなくなりました。
その様子を少し離れたところで見ていたパトリと、ルミエルとリヒト。
ルミエルとリヒトは呆然とした様子で勝ったことに驚きます。
少し離れたところのパトリは、それまでの自分の失敗から現在までを回想していました。

 

セクレもパトリと同様500年前の敗北から今までを回想し、万感を込めて「ありがとう」と言います。
その先ではユノと、力を使い果たしたようなアスタの姿がありました。

 

そこから離れたところでは、シャーロットが悪魔の魔力が消えたことを感じ驚いていました。
本当に倒したのか?と半信半疑に尋ねます。
その横ではヤミがトドメは持っていかれちまったようだがな…とフラフラの身体で笑っていました。
それを聞いてシャーロットはよくやったな…人間、と言いながらヤミの身体を支えます
ヤミは笑って名前を名乗りながら彼女をトゲツン女王と言い、シャーロットもエルフ名であるシャルラだと言い返しました。

 

 

消えない魔法

 

その時ゴゴゴと恐ろし気な音がし、2人の目の前には各部屋から悪魔の魔法があふれ出しているのが見えました。
最上階でも同様で、悪魔の魔法は消えることなく空間を侵食しています。
パトリはその様子をみて慌てたように影の王宮が崩壊し始めたと叫びました。
ユノも周囲を見ながら早くここを出ないとと思いますが、みんながいることで焦ります。

 

さらに皆に魔力を送り続けていたルミエルも体に限界が来ているようでした。
そのためリヒトの力を借りて各エルフへ送られていた光が弱くなっていることを、フエゴレオンも感じ取ります。
別の場所ではチャーミー体がムズムズしていました。
一同に会していたファナとノエルたちは、最上階にしか出口がないことを感じ取り急いでむかいます。

 

そこから離れたヤミたちは見上げる先が全て悪魔の魔法で埋め尽くされ、上に行く術がないことに焦っていました。
こいつはヤバいと考えていたヤミは、その時さらに下方にとある「気」があることに気が付きます。

 

ところは戻って弱まりながらも魔力を送り続けていたルミエル。
しかし体がとうとう限界に達してしったようで、顔にひびが入り片目の魔眼は落ちてしまいました。
すると魔力も送れなくなってしまったようで消えてしまう光
再び仲間たちが悪魔の魔法に飲み込まれるという危機にさらされ、アスタは叫びます。

 

変わった魔法目白押し

 

その時、上空から一気に魔導士とエルフ達が降ってきました。
アスタの真上にはノエルが落ちてきます。
久しぶりの再会に嬉しそうなノエルと、みんなの無事を喜ぶアスタ。

 

その横ではさらに「私も私の信じた人も哀れな罪人だった」と言いながら現れる人影がありました。
それは白夜の魔眼に加担していた魔導士のヴァルトスとラデス。
皆が無事に最上階に逃れられたのはラデスの空間魔法によるものだったのです。
ラデスはこれが贖罪の第一歩だと言いました。

 

2人を見つけたアスタは驚いたように声をかけます。
するとずっと黙っていたヴァルトスはアスタに向かってオレは一度も間違ってないと叫びました。
そんなヴァルトスにオマエは何もしてねーとアスタは叫び返しますが、さらにオレはオレのやりてぇようにやると言い返され喧嘩になってしまいます。
現れた2人を見ながらパトリはまだやるべきことは終わっていない…と身体の持ち主であるヴァンジャスを思い浮かべていました

 

さらにアスタは下のほうから音がすることに気が付きます。
するとそこから何か大きな影が現れ、そこからヤミとシャルラさらにはゲルドルとレブチが飛び込んできました。
ヤミはイイトコにゲルドルがいて助かったと言い、魔法で姿を消しても気でバレバレだったとゲルドルに話します。

 

現れた4人の姿を見てアスタは嬉しそうにヤミとシャーロットのことを呼び、そこにゲルドルとレブチがいることに不思議がりました。
賑やかなやり取りを見てルミエルは変わった魔法と人間が目白押しだと言い、クローバー王国は安泰だねと嬉しそうです。
その横ではセクレが冷たい目で黙っていました。

 

なんとか最上階に集まった魔導士とエルフ達。
とにかくまずは脱出するぞと意気込みます。

 

 

【ブラッククローバー】212話の感想・考察

 

強かった悪魔との長かった戦いにようやく終止符が打たれました
何回もトドメを刺した…と思いきや復活されて危機に陥るということを繰り返していました。
なので今回もそうだったらどうやって倒すんだろうと心配でしたが、ようやく本当にトドメをさせてよかったです。
アスタをはじめ皆もう満身創痍で限界でしたもんね。

 

そんなようやく斃れてくれた悪魔ですが、最期にアスタの中にいるっぽい魔物と話してましたね。
アスタの中の魔物は悪魔のことを先輩と呼んでいましたが、悪魔はソレが何者なのか知らないみたい…。
なんとなくおなじ「あちらの世界」のモノっぽい描写でしたが結局何者なのかはわからないままでした。
悪魔を倒せたのはよかったですが、また別の謎と先々の不安要素が生まれてしまったような気もします。
今のところはアスタに力を貸してくれているので味方っぽいですが、そのうち裏切ってくることもあるのでしょうか?
その前に正体が明かされることはあるのでしょうか?

 

それから、せっかく悪魔との戦いがおわったのに恐ろしい魔法は消えませんでした。
悪魔とともに消えるものだと思っていたのでちょっと驚きです。
最上階で戦ってたみんなも、下層で戦ったヤミも心身ともに限界を超えてるだろうから、ようやくほっと一息つける状況になるんだろうなと思っていたんですけど。
どこまでも悪魔は迷惑な存在だということですよね。
下層の魔導士たちはルミエルの光がなかったら悪魔の魔法には太刀打ちできないのですが…
ここで「なぜこいつらが影の王宮に?」という魔導士たちが入りこんだだ理由がわかりました。
空間魔法と透過魔法で悪魔の魔法から逃れて最上階に辿り着くためだったんですね。
いやぁ…納得です。

 

そしてこれだと影の王宮にいる全員がルミエルと対面できますね。
どのタイミングかはわかりませんが大騒ぎになりそうで楽しみです。
ただエルフ達はしんみりしそうですし、パトリに至ってはここからが本当の試練になるのかもしれません。
もしかしたらヴァンジャスに身体をかえして「パトリ」はいなくなってしまうのかもしれませんが…
できればこれからも「パトリ」には物語にでてきてほしいなと思います。

関連記事:【ブラッククローバー】211話ネタバレ!いよいよ決着?最後の力を振り絞るアスタ

【ブラッククローバー】213話ネタバレ!世界樹魔法で真実を知るエルフ達…天に還る

 

ブラッククローバー(記事一覧ボタン)

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2019 AllRights Reserved.