【キングダム】607話(32号)「総大将の対話」ネタバレと感想

更新日:

キングダム

 

「週刊ヤングジャンプ」2019年32号に掲載されている「キングダム」607話のネタバレです。

606話で李牧の戦術に気づいた王翦は起こりを見抜き李牧の戦術に対抗します。607話では王翦がさらに仕掛けついに李牧と対面します。

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【キングダム】606話「起こり」ネタバレと感想

 

キングダム607話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

大混戦

起こりを見抜き要所要所で勝利を収める王翦軍。

王翦は将に今すぐ乱戦を解けと指示を出します。

このまま一気に勝負を決めに行くという意味かと皆が思いましたが、王翦は左へ転進するといいます。

 

そうなると今戦っている相手が追ってき、危険です。しかし「面倒だ。まとめて一気に決着をつける」という王翦。

それは敵も友軍もそして李牧でさも予想できない展開でした。

 

ここで最初に反応したのは倉央。

倉央は独断で自分の軍までこの混沌の中に呼び込みさらなる混沌を生んだのです。

焦って知略戦を捨て博打に出たのかと考える趙将でしたが李牧だけは王翦の戦略に気づいていました。

赤大鶴の陣

王翦は兵に指示を出し布陣を作り出していきます。

大混戦の中戦いながら陣を作り上げることは決して容易いことではありませんが、王翦はその中で「赤大鶴の陣」を作り出しました。

 

これで王翦が最後尾に入れば大鶴の陣は完成します。一方の趙軍は軍としての配置は乱れたままでバラバラです。

この差は大きいぞ

と考える田里弥でしたが、最後尾に入ることなく単身、最前列で趙軍の前に立ちます。

王翦と李牧

流石にニセモノ、それとも罠か何かだと考える李牧軍といつでも飛び出せる準備を…と身構える王翦軍

しかし、李牧も同じく単身で王翦の前に出てきたのです。ありえぬ光景に戸惑う両軍。

その両軍を尻目に李牧と王翦の会話が始まります。

 

兵糧が底をついているのは知っている兵たちの命は保証するので降参しろ」と言う李牧に対し「鄴の食料が尽きたことは察している。間もなく鄴は落ちる」と言い返す王翦

 

さらに王翦は上に立つ者共が馬鹿な集団であればそれだけで国は滅ぶ。李牧、お前が消えさえすれば間違いなく趙は一瞬で滅ぶと続けます。

 

「その才覚を虚しくするな。私と一緒に来い。」となんと敵の総大将を取り込まんとする王翦

自分と李牧が組み力を貸すなら二人で全く新しい最強の国を作ることができると言います。

 

 

キングダム607話の感想・考察

 

起こりを見抜き戦を有利に進め、さらに混沌の中で陣を作り上げると言う才覚を見せた王翦ですが、周りの予想に反し李牧を取り込もうと交渉を始めました。

 

王翦は以前、廉頗から将軍として大事な物が大きく欠落していると評価されていました。

 

実力では過去の六将にも劣らないと言われている王翦ですが蒙驁の副官として働いていた時から今まで日の目を浴びなかったはその部分が大きく影響しているようです

 

王翦はどうやら自分の国を作りたいと考えているようですが、それは権力が欲しい、自分が国の頂点に立ちたいという考えなのでしょうか?

 

しかしその誘いに李牧が首を縦に振るとは思いません。この交渉、そして李牧軍と王翦軍の戦いはどうなっていくのでしょうか?

 

関連記事:【キングダム】606話「起こり」ネタバレと感想

関連記事:【キングダム】608話「中央軍の勝ち目」ネタバレと感想

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2019 AllRights Reserved.