【暁のヨナ】177話(15号)ネタバレと感想

更新日:

暁のヨナ|ネタバレと感想

 

「花とゆめ」2019年13号に掲載されている「暁のヨナ」177話のネタバレです。

 

高華国と千州軍の戦はハザラの降伏で終結した。勝利の宴の途中抜け出して野営地を歩くヨナとハク。声が出ないヨナにケイシュク参謀が喉の薬を渡してくれます。声が出るようになったヨナはハクに再度告白します。

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【暁のヨナ】最新話ネタバレと感想|176話[花とゆめ2019年13号]

 

 

暁のヨナ177話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

告白

わたしハクが好き。 

前回176話の最後に声の出るようになった。ヨナが再度ハクに告白をするところで終わりました。その衝撃からハクは過去の回想にアヤメとのやり取りを思い出します。

 

そんなハクをヨナは聞いていると問います。現在に戻ったハクが見たものはフクチに耳を抑えられている状態のテジュンであった。告白を聞かないように耳を抑えながらテジュンを引き上げるフクチ。ハクがお話を続けてくださいとヨナに言いますが、ヨナが聴こえなかったと戸惑いながら確認を取ります。

 

その問いにハクが、もう少し聞きたいと返します。

 

帰る

恥ずかしさが勝ったヨナは逃げるように天幕に戻ります。天幕内にいたキジャとジェハ、アルギラとヴォルトらはしっかりヨナの告白が聴こえている状態でした。

あえて触れずに、アルギラとヴォルトはヨナに言います。真国に帰る予定である。火の部族も帰る支度を始めているようだから僕らも帰ろうかとジェハはヨナに提案します。

 

ただ今帰ると大騒ぎになるから隠れなくてはならないかなと話がまとまりかけます。

翌日帰る時にユンの姿が見えないのでテジュンに問うと、フクチがさらりと

「ヨナがハクに告白し声が出るようになったと伝え喉の薬に興味を持ち空の部族の所に居る。

 

手を組もう

ユンはヨナ達に空の部族の医療技術の高さにここでしばらく医術を学びたいと伝えます。

ヨナは分かったっと返します。ヨナはユンに怪我人の手当て手伝うと申し出ますがユンは、「怪我人はあんた達でしょ」っとヨナとハクに言い追い出します。

 

ユンを見ているとアヤメを思い出すととヨナに言います。性格が似ていて懐かしいと話題にしますが、ヨナは怒っている雰囲気を醸し出しているのでハクはヨナを凝視。

ある可能性にたどり着き、ヨナにアヤメに嫉妬するとかあるのかっと聞きます。嫉妬していると答えが来てハクの顔面が崩壊を起こします。

 

ユンたちの所に戻るとケイシュク参謀たちがいて何やら揉めている様子。

行くとなんとケイシュク参謀から手を組まないかと提案されます。

 

 

暁のヨナ177話の感想・考察

テジュン

ヨナのことが好きなテジュンですが、ヨナのハクに対しての告白を聞いてしまって傷つくことがないようにフクチがとっさにテジュンの耳を塞ぐ行動に賞賛。

でもせっかくのいい場面がテジュンの面白顔で始まったことに話のテンポの休憩所があって読みやすい回となったと思います。

 

ですが、最後必死に聞かせないように体を張ったフクチの口からヨナがハクに告白をしたことを聞かされ思考が追いつかないまま、フクチの言葉に抉られるテジュンが可愛い。

フクチとの関係性もテジュンの魅力の一つだと私は思います。

 

ケイシュク参謀

敵の中の大ボスという感じのケイシュク参謀だったが、今回の話しの展開の中で意外といいやつかもと思いました。高華国の事を考え、スウォンの事を考えいかにも参謀の人という感じがいいアクセントとなる人物、話の展開のまとめ役だと私は考えています。

 

ヨナの最大の敵なんではないのかと今までの話しで思っていたのだが、ヨナに喉の薬を渡したりピンチを助けたり、そして今回はユンに高華国で医療技術の学びまで。目的は優秀な人材が欲しいから手を組まないかと持ちかける計算の高さがケイシュク参謀の良い所だと思います。

 

これからの話しでヨナがなんと返答するのかがとても楽しみな展開になってきました。

関連記事:【暁のヨナ】最新話ネタバレと感想|176話[花とゆめ2019年13号]

関連記事:【暁のヨナ】178話(16号)ネタバレと感想

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-女性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2019 AllRights Reserved.