【ブラッククローバー】209話ネタバレ!成長するアスタ・ユノと怒れる悪魔

更新日:

 

ブラッククローバー

 

「週刊少年ジャンプ」2019年29号に掲載されている「ブラッククローバー」209話のネタバレです。

 

ブラッククローバー209話のネタバレになります。
前回208話で自分の中に眠る力を引き出しさらに成長したアスタとユノ。
2人のコンビネーションで悪魔を追い詰めます。
しかし悪魔は素直には倒れてくれず、再び反撃にあってしまいます。

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【ブラッククローバー】208話ネタバレ!魔法帝になるための剣を生み出すふたり

 

ブラッククローバー(記事一覧ボタン)

 

【ブラッククローバー】209話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

 

ユノとアスタの相乗効果

 

風精霊魔法と反魔法の力を増幅させ、剣を構えたアスタとユノ。
その姿を見てパトリはその成長の速さに驚いていました。
他方ではルミエルがユノが操る風属性、そして剣の魔法をみて彼の素性について思い至るところがあるようです。
しかしアスタについては謎なようでセクレに何者かを問います。

 

それに対してセクレはアスタを魔力を持たずに生まれてきた身の程知らずの馬鹿な少年です…と答えました。
さらにこの国で一番努力をした一番あきらめの悪い馬鹿な少年です、と付け加えました。

 

当のアスタは反魔法の力を形にしたのはいいものの長くはもたないと感じていました。
ユノはそれに感づいているようで一瞬で決めると思いながら、アスタに「アイツを斬るまで持たせろよ?」と言いました。
そう言って勢いよく飛び出した2人は、悪魔の魔法を斬りながら向かっていきます。

 

その様子をみて威勢はいいですがそんなスピードで私に届きますかね?…と余裕な悪魔。
しかしユノの創り出す竜巻に乗ったアスタは、スピードを上げて悪魔を目指します。
そして反魔法の剣で悪魔を切り裂くことに成功しました。

 

 

悪魔の本気

 

貫かれた悪魔は苦しそうな声を出しながらアスタが風の魔力で速さを得たことに気が付きました。
リヒトも2人を見て反魔法が風を追って風魔法が虚空を翔るという、素晴らしいコンビネーションだったと感心します。
パトリは「やっ…た…」と驚きの声を上げました。

 

しかし、苦しそうな声を上げていた悪魔は黙り込むと、体のあちこちが口に代わりそれぞれに罵詈雑言を言い始めました。
ゴミ共が・下等な存在が・よくも・貴様ら・魔力を持たぬ塵芥の分際で・終わりだ全員殺す…。
絶望も抵抗も私の玩弄物でしかないのに・貴様らは石を放れば飛沫を上げる水面に過ぎないのに・興冷めだ…。
アスタが悪魔を見ると、貫いたはずの心臓が違う場所に移動していて驚きます。

 

悪魔の言葉はやまず、いよいよ人間の言葉だけでなくあちらの言葉をそれぞれに口にしだしました。
すると悪魔の魔法は激しくアスタに襲い掛かります。
さらにあちらこちらで言葉を発しながら魔法は増幅し、「一匹残らず」「根絶やしにしてさしあげます」と恐ろしい言葉も聞こえてきます。
アスタの周りもリヒトやパトリの周りも悪魔の魔法が迫り、とうとうあたり一面おどろおどろしい魔法で埋め尽くされてしまいました

 

アナタに賭ける

 

下層ではヤミとシャーロットが悪魔の魔法に埋め尽くされている上空を見上げていました。
シャーロットはこのままでは全てが飲み込まれてしまうと焦り、ヤミもやはり焦りながら冗談じゃねーと言い、これでは近づくこともできないと思いました。

 

一方パトリは悪魔の魔法に応戦できるものの、苦戦を強いられていました。
苦しい状況に下の階にいる仲間たちが心配になります。
そんな時、リヒトより声をかけられました。
そしてすまないが少しの間周囲を頼むと言われます。
リヒトとルミエルは現代の皆を死なせるわけにはいかないと声をそろえ、ルミエルは加えて「これからのクローバー王国の未来を担う魔導士たちだからね」と言いました。

 

悪魔はその間も体中の口から恐ろしい言葉を発し続けています。
さようなら・慰み者の肉人形の分際で・全員殺す・全て終わり・幕引きです…。
その様子を見ているアスタは勝手に終わらせるな口だらけ黒キモヤロォ…と強がり、ユノにまだいけるかと尋ねました。
それはこっちのセリフだと返すユノ。
2人は再び剣を構え、アイツを黙らせるぞと声を揃えました。

 

セクレはそれを少し離れたところで見ていました。
アスタについてはじめは利用するつもりで近づいたと心の中で語りかけます。
魔力を寄せ付けない五つ葉の魔導書を偶然手に入れた魔力のない少年だと。
しかし一緒にいるうちに、戦いを見ているうちに、アナタをを信じたくなったと。
そして声に出して「勝って!アスタ」と願うのでした。

 

 

【ブラッククローバー】209話の感想・考察

 

アスタとユノが2人並んで剣を構える姿はかっこよかったですし、2人の合わせ技もバッチリ決まってかっこよかったですね。
魔力とスピードは抜群にあるけど、悪魔に致命的なダメージを与えることができないユノ。
魔力はなくてスピードもイマイチだけど、悪魔には致命的な攻撃ができるアスタ。
お互いのいいところを組み合わせることで悪魔に大ダメージを与えることができました。

 

これでいよいよ倒せたか…?と思ったものの、これでもまだ倒せない。
むしろ悪魔も成長してしまいましたね…。
以前リヒトの究極魔法で消された時も心臓が復活しましたが、今回も心臓を貫かれたはずなのに違うところで復活。
それどころか全身が口になって、それぞれが罵詈雑言を吐きながら言霊魔法を発動させるという恐ろしいことになってしまってました。

 

どうやっても復活してしまう心臓と、それぞれが言霊魔法を発動させることができる口
これが悪魔を倒しきるための要になりそうな気がするのですが、実際のところどうなのでしょう…?
そして、それはどうやったら完全にとどめを刺せるのでしょう?
アスタの剣だけではとどめを刺せなかったことを考えたらプラスの何かが必要なのかと思うのだけど、それが何なのかはわからないです。
うーん。

 

ところで、ルミエルがユノの風魔法の剣を見て思わせぶりなことを言ってましたが、あれはやはりリヒトの子(の魂)だと思ってるってことでいいんですよね。
今までの伏線があってのこのルミエルの発言で、実は全く関係ないって言われたら逆に驚くし「それなら何者なの?」と思っちゃいますよね…。

 

そして今までセクレがアスタについて触れることがなかったのですが、今回一気にアスタへの想いが見えました。
初めは魔力がないのに五つ葉の魔導書を手に入れた少年。
好奇心と利用してやろうという気持ちだけで思い入れはなかったような雰囲気です。
けど、一緒に行動をしてアスタに感化されて期待を持つようになった。
こうやってセクレが心を動かされる過程って、ルミエルと出会った時と少し似ているような気もしますね。

悪魔との戦いが終わった後セクレがどうなるかはまだわからないのですが、どのような姿でもいいからこれからも一緒にいてくれたらいいなとちょっと思います。

 

関連記事:【ブラッククローバー】208話ネタバレ!魔法帝になるための剣を生み出すふたり

【ブラッククローバー】210話ネタバレ!限界間近なアスタと仲間を守る合体魔法

 

ブラッククローバー(記事一覧ボタン)

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2019 AllRights Reserved.