スポンサーリンク

【賭博堕天録カイジ24億脱出編】320話(2019年28号)ネタバレと感想

投稿日:

賭博堕天録カイジ24億脱出編

 

「週刊ヤングマガジン」2019年28号に掲載されている「賭博堕天録カイジ24億脱出編」320話のネタバレです。

 

319話では、無事カイジが遠藤包囲網から脱出して大喜びし、脱出計画の振り返りが描かれていました。

 

カイジの母である初江が幼馴染の保親子に協力を依頼し、保親子もカイジの大変な仕事先に対して協力することを快諾しました。

 

そして、初江はカイジが脱出する前にヘルメット装着する際に耳の傷と頬の傷を発見し、ショックを受けながら、旅立っていった息子のカツラの匂いをかぎながら、一瞬でも一緒の時間を過ごしたことに涙を流すのでした。

 

320話ではその後の話から始まります。

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【賭博堕天録カイジ24億脱出編】319話(2019年26号)ネタバレと感想

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

賭博堕天録カイジ24億脱出編320話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

カイジ、ようやくチャン・マリオと合流

遠藤率いる見張り班包囲網から脱出し、保険証を手に入れたカイジはようやくチャン・マリオが乗る車に戻ることができました。

 

銀行に預金するために必要な保険証を手にすることができたカイジはチャン・マリオとともに喜び合います。

 

カイジは脱出する前に「非常事態で一週間は戻れないかも…」と実家から電話をしていたようで、チャンは何があったのかをカイジに聞きます。

 

カイジは変装をして実家に入ったところまでは良かったものの、カイジにとっては天敵と呼べる遠藤を帝愛の猟犬と例えてカイジへの確保の執念の強さを話し出します。

 

恐るべき帝愛の組織力にチャン・マリオも真剣に話を聞いています。

 

しかし、母である初江や幼馴染の保一家の協力、すなわち実家力によって遠藤たちの包囲網からなんとか突破したのだと伝えます。

 

そして、「帝愛は自分達の捕獲はマジで真剣だ」と伝え、これまでに出会ってきた家族や友人など過去のつながりには近づかないようにと忠告します。

 

過去を断ち切り、未来だけ追おう!」と言い、保険証を手にしたカイジは改めて24億もの現金に対して銀行に預けるための策に目を向けていきます。

 

預金に対して出てきた違和感…

保険証を手に入れたことで預金への道が開かれたカイジは、後々に現金を引き出すことを考えると各都道府県に支店を持つ大手の銀行が良いことと、どの銀行かが目立たないようにするために大手銀行が立ち並ぶ駅前へと向かっていきます。

 

駅前に着いたカイジ一行はどの銀行に預金するかで悩みます。

 

すると突然カイジは何かを察したのか、一旦車に戻ろうと話します。

 

車に戻るとカイジは、預金の話をしていた時に24億の大金に対して、窓口での口座開設の手間を省くために3000万円ずつ預金をしていこうと提案していたが、これに対して違和感があると言い出します。

 

カイジは自分たちの貧乏くさい恰好の人間が3000万円という大金を預けると銀行に訪ねたら怪しく思われないかと思ったのです。

 

最悪のケースでは、犯罪がらみのお金ではないかと疑われて通報されかねいと伝えます。

 

チャンの提案

カイジの違和感に対する起こりうるかもしれない可能性に対して3人は悩みだします。

 

するとチャンが「カイジさん「1000」でいきましょう」と言い出します。

 

チャンは過去に自分と一緒に中国から来た人が偽造パスポートや密輸などで稼いだ1000万円を銀行に預けに行くところを見ていたが、特に問題もなかったことを話します。

 

1000万円ならいけると聞いたカイジは喜びます。

 

さらにチャンは1000万円を預けた人は見た目は歩く非合法という表現で、全身入れ墨でピアスを片耳5つしてるような格好であても大丈夫だったことも伝えると、「朗報っ!」と再度カイジは喜びます。

 

 

賭博堕天録カイジ24億脱出編320話の感想・考察

カイジ達の旅が再び動きます

保険証を手にしたことによって、ようやく次のステップに動くことができました。

 

カイジもチャン・マリオに伝えていますが、改めて帝愛の組織力は半端ないですね。

 

遠藤についた部下があまりにも不甲斐ないためにカイジが脱出できただけで、兵藤会長の傍にいる優秀な黒服軍団であったらカイジは確保されていたかもしれません。

 

とにかく人の目を気にして逃げ続けることの大変さをカイジは伝えてくれています。

 

預金するだけでも一苦労!

カイジ達にとっては、24億もの大金を車とともに移動することは極めて不安がいっぱいであることは確かです。

 

昨今の高齢者の運転にもあるように、突然対向車から車が突っ込んできたら、それだけで現場検証など警察が車を取り調べた時点でアウトになります。

 

なんとか銀行に預けたいと思っても次は預け方です。

 

貧乏くさい恰好に捉われるカイジですが、意外とお金を持っていてもそのような感じの人はいるような気がしますが、さすがに3000万円となると怪しまれるのでしょうか?

 

1000万円で話は落ち着きましたが、それでもATMなどに24億もの大金を預金するとなると銀行の行き来が大変そうです。

 

次回321話も展開が気になります。

関連記事:【賭博堕天録カイジ24億脱出編】319話(2019年26号)ネタバレと感想

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜 , 2019 AllRights Reserved.