スポンサーリンク

【ハイキュー!!】352話”肯定”ネタバレ!自分を味方に

投稿日:

ハイキュー

 

「週刊少年ジャンプ」2019年28号に掲載されている「ハイキュー!!」352話のネタバレです。

 

前号351話では、中学時代の昼神の回想があり、昼神はバレー一筋という感じで、周りに負けないように自分自身にプレッシャーをかけ追い込んだ結果、バレーを嫌いになりそうになっていました。

その本音を居合わせた星海にぽろっと吐き出すと、『…じゃあやめればいいんじゃね?』と星海に言われて視界が開けて、もうちょいやってみようと思って今もバレーを続けているそうです。

 

自分自身で追い込んでいたものがなくなった昼神は、自分の想う様にプレーし、今度こそスパイクを決めると意気込む東峰のスパイクをドシャット!

一度は鴎台に”風穴”を開けられた気がした烏野でしたが、また覆い塞がれてしまった様に感じました。

高き鴎台の壁を越えられるのか?それでは気になる今号352話”肯定”のネタバレをさせて頂きます!

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【ハイキュー!!】351話”身軽”ネタバレ!晴れた視界

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

【ハイキュー!!】352話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

凹んでんじゃねーよ

昼神にスパイクを止められ、周りにも悟られる程凹む東峰。

『「想い」なんて足枷 割り切れないやつは沈んでいくだけ』と、昼神は東峰に厳しい言葉を心の中で向けました。

 

烏野はタイムアウトを取り、ベンチに向かうも険しい顔の東峰。

周りが東峰にどう声を掛けようと戸惑っていると澤村は東峰の背中を叩き、『オォイ「世界の終わり顔」ヤメロォ 100本中100本決められる選手なんて居ねぇ』と言います。

菅原は思いっきり東峰の背中を叩きながら『調子乗って凹んでんじゃねーっ‼︎!』と鼓舞しました。

 

背中は俺が守る

東峰は以前烏野バレー部から逃げる前、伊達工との試合中失点の度に「自分はなんてダメなんだ」と思っていたと言います。

そしてそう思う事が無駄だとわかっても体が勝手にソッチに行っちゃうんだよなぁと澤村と菅原に言い、『危なかった ありがとな』と2人の励ましに礼を言いました。

 

立ち直った東峰ですが、やはりスパイク1本決める以上の事は無いと言う菅原。

鴎台別所のサーブから長いラリーになり、東峰にまた勝負の時がきました。

『ピンチ(ここ)を託される誇り』

東峰は逃げずにスパイクを打ちましたが、またしても鴎台のブロックに捕まります。

ボールが落ちる瞬間、『背中は 俺が』と西谷が見事なブロックフォローでボールを繋ぎました。

 

敵は「自分」

長いラリーは月島がスパイクを決め、得点は両校17点と同点。

烏野は月島とチェンジして菅原を投入しました。

 

東峰は数分、心の中で自分に語りかけます。

『俺は仲間のおかげでここにいる 強い仲間 信頼できる仲間 こいつらと一秒でも長くバレーをしていたいとおもう でもただ1人信頼してこなかった奴が居る …さあ 相手は強敵だ 「自分」と戦ってる余裕は無いぞ 罪悪感も恐怖心も在って当然 ぜんぶ背負って 俺は今日 俺を味方にする』と東峰は決意しました。

 

 

【ハイキュー!!】352話の感想・考察

想いを割り切り身軽になって強くなった昼神と、想いを全部背負って強くなろうとする東峰。

私はやらかしてしまうと自分を責めて、凹む派なので東峰にめっちゃ感情移入して読みました。

昼神と東峰、2人の違いをどうプレーに表すのか楽しみです。

 

今号352話で一番熱かったシーンは西谷の名言再びのシーンです!

ちょっと端折って『背中は俺が』だけでしたが、言わせたかったので書かせて頂きます。

西谷『背中は俺が護ってやるぜ』!

はぁ〜本当にカッコ良いです。

 

次号353話では、月島とチェンジで菅原がコートに入ったので、もしかすると新たな名言が生まれそうな予感!

東峰は自分を味方につける事が出来るのでしょうか?次号353話も見逃さず見守っていきましょう!

関連記事:【ハイキュー!!】351話”身軽”ネタバレ!晴れた視界

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜 , 2019 AllRights Reserved.