スポンサーリンク

【ハイキュー!!】348話”攻略の攻略”ネタバレ!抜けては覆う蔓

投稿日:

前号347話では、ローテーションを変え、1セット目の反省を生かした日向の移動攻撃(ブロード)が見事に鴎台のブロックを振り切り風穴を開けました。

日向の存在感が増したところで影山のツーアタックも決まり、2セット目は上々の滑り出しです。

 

烏野の”滞るローテ”は、得点源でもあり囮としても強力な日向によって”強矛ローテ”となりましたが、立ちふさがるは白馬や昼神が前衛の鴎台”強盾ローテ”。

まさに矛盾対決!果たしてどちらが制するのか?

それでは今号348話”攻略の攻略”の見どころをネタバレさせて頂きます!

 

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【ハイキュー!!】347話”風穴”ネタバレ!日向の十八番

 

スポンサーリンク

 

【ハイキュー!!】348話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

 

壁を穿つ選択

影山のツーアタックが決まり、得点は(鴎台)4対(烏野)5。

烏野からの攻撃で東峰のサーブを鴎台はきっちりレシーブし、スパイクを決めすぐさま同点へと戻しました。

鴎台の攻撃をよく見て考えてブロックを跳ぶ日向ですが、まだまだ月島には及ばないと月島本人や観客席の研磨が評価。

 

月島と影山の2人が前衛に揃っていることで救われた事は数知れずと鳥飼コーチは”滞るローテ”ではありますが、烏野の壁としての強さも実感しています。

しかし鳥飼コーチは『でもこれは選択 鴎台の強壁を切り開くという選択』と、あえて壁としての強さを切り捨てました。

ハイキュー348話-1【ハイキュー!!】348話より引用

 

新たな壁

鳥飼コーチの選択で期待通り得点力の高い”強矛ローテ”へと生まれ変わり、日向の移動攻撃(ブロード)で鴎台からまた得点を取りました。

日向とスターティングを入れ替えた月島は星海の前を烏野の新たな壁としてコースを塞ぎます!

ハイキュー348話-2【ハイキュー!!】348話より引用

一瞬驚く星海ですが、月島のブロックの上手さを利用し技ありブロックアウト!

星海は『上手いブロックだから狙い易いぜ!!』と月島を挑発し、月島は『どうも』と引きつった笑顔で返答しました。

 

サーブ&ブロック

どちらも点を取られては取り返すを繰りかえし(鴎台)9対(烏野)9と同点。

ここで鴎台はまたブロックの配置を変え今度は”リリース”という配置。

”リリース”は相手のレフトかライトに強いスパイカーが居る時にマークを強化する為の配置だそうです。

テレビ中継で見ている伊達工の二口は『デディケートシフト程じゃなくてもプレッシャーはかけられる 日向翔陽が引っ掻き回そうがあくまで標的はエースですよってアピールか』と解説。

ハイキュー348話-3【ハイキュー!!】348話より引用

鴎台からの攻撃で烏野は星海のサーブで崩され、東峰にボールが上がりましたがリリース配置のブロッカーに注視しすぎて鴎台ブロックに捕まりシャットアウト!

『烏野の攻撃強化装置 日向翔陽を機能させるな』という意思で、理想的なサーブ&ブロックで鴎台が得点しました。

 

スポンサーリンク

 

【ハイキュー!!】348話の感想・考察

 

鴎台は高校バレートップクラスの壁というだけあって壁の配置も多彩!

切り開いたと思ったらまた立ちふさがってと本当に厄介な相手ですね。

 

日向もブロッカーとして理性的になってきましたが、月島と比べるとまだまだ甘いようですね。

この時の月島がちょっと嬉しそうなのと、安定の山口のツッコミが今号348話のお気に入りコマです。

ハイキュー348話-4というて【ハイキュー!!】348話より引用

理想的なサーブ&ブロックで得点した鴎台。

諏訪、星海、昼神の強サーバー3連発を失点を抑えてどう乗り越えていくかが鍵になりそうですね。

ハイキュー348話-5【ハイキュー!!】348話より引用

小さく日向が『オープン!』と、声を掛けているコマがちらほらあったので、これは何かやらかしてくれるんじゃないかと期待しています。

矛盾対決は今のところやや盾優勢にみえますが、盾を打ち砕くチャンスはあるはずです!次号349話も見逃さず見守っていきましょう!

関連記事:【ハイキュー!!】347話”風穴”ネタバレ!日向の十八番

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜 , 2019 AllRights Reserved.