スポンサーリンク

【ドクターストーン】101話ネタバレ!ソユーズの眠る地にあるお宝とは!?

更新日:

 

前回100話でついに出航した機帆船ペルセウス。100話のラストで千空が最初の目的地がソユーズが不時着した場所であることを語っていました。

この101話では、千空が求めるお宝の正体が明らかになり、そのお宝で何が行えるのかも明かされます。また、ソユーズの眠る場所に関して驚きの新事実も明らかになります。

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【ドクターストーン】100話ネタバレ!ペルセウスついに出航!!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

ドクターストーン101話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

千空の求めるお宝

いよいよ全人類を石化から復活させると宣言する千空。

今までは少量ずつしか手に入れることができなかった復活液の原料・硝酸を大量に作るために必要なお宝が宝島にあると語ります。

 

3700年前、千空の父・白夜を含む宇宙飛行士たちは将来の人類のためにダイヤモンドや貴重な鉱石を宝箱に眠らせ、百物語でその存在を伝えていました。

 

出航前、千空はルリから百物語を聞いていました。特に千空が興味があったのは鉱石に関する話のようです。

『金』や『ダイヤ』が宝箱に眠るという話が存在すると話すルリ。

千空は『白金』の話が存在するかをルリに訊ねます。

 

いままでは復活液の量が足りず、もめ事を起こさないためにも人を増やすことができませんでしたが、白金があれば人類をすべて救うことができます。

ドクターストーン101話-1ドクターストーン101話より引用

 

『白金』も宝箱に眠るという話があったようです。

そして、鉱石が眠る宝箱というのが宇宙船ソユーズであると語る千空。

 

驚きの情報

島が現在どうなっていて、ソユーズがどこにあるかは実際に行って探すしかないと語る千空。

この話を聞いていたパワーチームの1人が大事な話があるということで千空の元に連れてきた幻。

ドクターストーン101話-2ドクターストーン101話より引用

 

石神村の人間も名前を知らない彼は、自分が本当は石神村の人間ではないと語ります。

そして、自分の本当の名が『ソユーズ』である千空たちに告げます。

 

案内ができるかもしれないと話すソユーズ。

そして、千空は宝島が現在は無人島でないことを確信します。

 

 

ドクターストーン101話の感想・考察

硝酸の大量生産

白金があれば硝酸をジャブジャブと作ることができるようになり、多くの人類を石化から救うことができるようです。

白金を用いた硝酸の製造法とは『オストワルト法』のことでしょうか。高校で化学の授業を受けたことがある方の中には『オストワルト法』いう言葉に聞き覚えのある方もいるかもしれません。

『オストワルト法』は硝酸の工業的製造法なので、大量の硝酸をつくることに適していると思います。

 

科学の知識が無くてもこの漫画を楽しむことはできますが、より楽しむために学生の方々には興味を持って理科の授業を受けてほしいと思います。

 

ソユーズの眠る島

今回の話で石神村の他に人間の集落があるという驚きの新事実が明らかになりました。

この集落は、石神村と同じく宇宙飛行士たちを起源としているのでしょうか。

仮に宇宙飛行士たちを起源としているなら疫病などによる人類絶滅のリスクに備えて村を2つに分けたことが考えられます。

 

また、ソユーズの中にあるであろう『白金』『金』『ダイヤ』などを千空がどのように活用していくのかが楽しみです。

ドクターストーン101話-3ドクターストーン101話より引用

 

関連記事:【ドクターストーン】100話ネタバレ!ペルセウスついに出航!!

関連記事:【ドクターストーン】102話ネタバレ!ペルセウスでの航海!!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜 , 2019 AllRights Reserved.