スポンサーリンク

【鬼滅の刃】153話ネタバレ!猗窩座との戦いついに決着!?

更新日:

 

前回152話の最後で見事に上弦の参・猗窩座の頸を斬った炭治郎。

今回の153話では、頸を斬られた猗窩座が最期のあがきを見せます。また、炭治郎は体力の限界を迎えてしまい、義勇がその窮地を何とかしようと奮闘します。

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【鬼滅の刃】152話ネタバレ!”透き通る世界”を見る炭治郎の進化!!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

鬼滅の刃153話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

猗窩座のあがき

闘気のない人間を見たことがないにもかかわらず、今目の前にいる炭治郎が闘気を発していないことに困惑していた猗窩座。

 

また、炭治郎の瞳が捉えているものが自身が求めていた”至高の領域””無我の境地”であることを感じています。

 

自身の頭を持ち、斬られた頸を繋げようとする猗窩座。

鬼滅の刃153話-1鬼滅の刃153話より引用

 

しかし、義勇が折れた刀を投げ猗窩座の頭は地面に落ちて崩壊します。

 

猗窩座に起きた異変

頭は崩壊しましたが、首から下の身体の崩壊が始まらないことを不審に感じる義勇。

 

胴体だけで動き出し体力の限界を迎えている炭治郎を攻撃する猗窩座。

全ての攻撃はよけきれず吹き飛ばされてしまう炭治郎。

猗窩座も無惨と同じように頸が弱点ではない鬼へ変化しようとしていると感じています。

 

戦いを続けようとする炭治郎ですが、体力が限界を迎え失神してしまいます。

 

炭治郎になおも攻撃を仕掛けようとする猗窩座に対して、折れた刀で戦いを挑む義勇。

再生速度がすさまじく、義勇の攻撃も猗窩座を倒す決定打にはなりません。

 

再び炭治郎の元へ向かおうとする猗窩座に対し、炭治郎を殺したければ自分を倒してからにしろと言い放ちます。

鬼滅の刃153話-2鬼滅の刃153話より引用

 

自分の過去、自身の師匠のような人物の言葉を思い出す猗窩座。

猗窩座が前に進もうとしたとき、記憶の中の女性が猗窩座の腕をつかみ引き留めます。

 

 

鬼滅の刃153話の感想・考察

猗窩座の変化

頸を炭治郎に斬られた猗窩座が胴体だけになっても攻撃を仕掛けてくるという恐ろしい展開が待っていました。

これは上弦の陸・妓夫太郎の最期の攻撃とは違うもののようです。妓夫太郎の場合は、最期に攻撃を仕掛けてきましたが頸を斬られて死なないということはありませんでした。

しかし、猗窩座の場合は頸を斬られても頸が弱点ではなくなりそのまま攻撃を仕掛けてくると妓夫太郎のときとは似て非なるものでした。

 

この猗窩座の変化が進めば頭が再生するというとんでもない事態が起こるかもしれません。

 

猗窩座の過去

この153話の最後で少しだけ猗窩座の過去の様子が描かれました。鬼になる前の武術の師匠のような人物と猗窩座は良い人間関係が築けていなかったように感じます。

 

そして、猗窩座を引き留めた女性はどのような人物なのでしょうか。

鬼滅の刃153話-3鬼滅の刃153話より引用

 

この女性が猗窩座が鬼になった理由と深い関係があるような気がします。

また、狛治というのが猗窩座の人間時代の名前なのでしょうか。

 

次回は猗窩座の人間時代の様子が描かれそうな気がしますが、上弦の陸の妓夫太郎は壮絶な過去を持っていたので猗窩座にもつらい過去があるのかもしれません。

関連記事:【鬼滅の刃】152話ネタバレ!”透き通る世界”を見る炭治郎の進化!!

関連記事:【鬼滅の刃】154話ネタバレ!明かされる猗窩座の過去!!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜 , 2019 AllRights Reserved.