スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】133話ネタバレ!すれ違う氷と会長!

更新日:

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~133話〈かぐや様は気づかれたい(氷)〉のネタバレになります。

前回から引き続きかぐやは氷のまま…。

そして会長からのキッスはゲットできるのでしょうか!?

 

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【かぐや様は告らせたい】132話ネタバレ!氷かぐや節炸裂!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】~天才たちの恋愛頭脳戦~133話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

「今日は髪結わなくてもいいわ」

早坂に告げる氷かぐや。

代わりに義姉のくれた香水が残っていたらくれるよう早坂に頼みます。

これは香りで会長をドキドキさせようという氷かぐやの作戦でしょうか?

 

心にヒビが入った会長

一方生徒会室。

石上がパソコンを操作している横で会長は羊を数えています。

「羊が87匹…羊が88匹…羊が89匹……」

「棺が1基、棺が2基…」

いきなり横で棺を数えだした会長にビビる石上。

昨日寝付けなかったから羊を数えていた、と会長は言いますが、数えているものが眠りにつくと二度と目覚めなさそうな物だったことに石上は青褪めます。

良い感じだった文化祭を経て、いよいよ交際がはじめるか!?と思っていたところに、かぐやから「付き合えません」と言われ、さらに「お可愛いこと」のトラウマワードを受けた会長。

メンタルやられてます。

かぐや様は告らせたい133-1【かぐや様は告らせたい】~天才たちの恋愛頭脳戦~133話より引用

そんな生徒会室に入ってくる藤原とかぐや。

ストレート髪のかぐやに石上が「化粧をしてくれた時以来ですね」と声を掛けます。

今日も化粧ポーチを持っている、と石上をからかうかぐや。

機嫌が良さそうなかぐやを見て、会長は挨拶します。

「四宮、おはよう」

かぐや様は告らせたい133-2【かぐや様は告らせたい】~天才たちの恋愛頭脳戦~133話より引用

無視です(笑)

ショックを受ける会長は石上に「今日の四宮変だと思わないか?」と尋ねますが、石上的には昨日のかぐやのほうがよっぽど変だった、とのこと。

何が原因かわからない会長はもう一度かぐやとちゃんと話をしたいと考えます。

 

 

おばさん臭くないですか?

かぐやはお手洗いの鏡の前で、首元に香水をつけます。

そして出てきたところで伊井野に捕まるかぐや。

「四宮副会長、香水つけてますね」

かぐやはほんの少しつけただけだったようですが、風紀委員は優秀ですね。

かぐやから香水を没収しようとする伊井野ですが、かぐやに「差し上げます」と言われます。

クリスマスも近いし、香水のつけ方を覚えると良いのでは、と伊井野に言うかぐや。

かぐや様は告らせたい133-3【かぐや様は告らせたい】~天才たちの恋愛頭脳戦~133話より引用

うなじは体温が高いから、ここにつけると良い、と伊井野の首元にかぐやは香水をつけます。

「落としたい相手に会う30分前につければ会う頃には程よく香り、殿方を惹きつけられる」

悪い顔で笑うかぐやは言います。

「これで共犯ね」

「でも…」

「この香水ちょっとオバサン臭くないですか?」

流石空気を読まない伊井野!!

「女子高生がつけるには主張が強い」と続ける伊井野にかぐやは30分経てば…と否定しますが、そこに現れる会長!!

かぐやは脱兎のごとく逃げ出します。

 

1ミリもわからない女心

逃げるかぐやを追う会長。

ついに屋上への入口?の階段でかぐやを追いつめます。

そんな会長にかぐやは叫びます。

「来ないで、お願い」

かぐや様は告らせたい133-4【かぐや様は告らせたい】~天才たちの恋愛頭脳戦~133話より引用

そんなかぐやに、会長はそこまで嫌われていたのか、と落ち込みます。

しかし、かぐやが拒否した理由は単純で、香水をつけてからまだ30分経っていないからでした。

かぐやのつけている香水はミドルノート特化型で、つけて直ぐよりも時間を置いてからのほうが良い香りになるものだったようです。

しかし、かぐやはここで気が付きます。

先程会長から逃げる際に走ったことにより、体温は上昇、発刊もあり、香水の気化と体臭がベストに混じり合うミドルノート、またの名をハートノートが訪れていることに!

かぐやからの一言に落ち込んでいた会長が離れようとすると、かぐやは引き留めにかかります。

「今は居ていいの」

「むしろ居なきゃ駄目…」

香水がベストな状態になったからですね…振り回される会長は女心が1ミリもわからん!と動揺します。

そんなかぐやに、昨日からやはりかぐやの様子が変だと思う会長。

そんな会長にかぐやは「浮かれ気分だった自分の阿呆な部分を少し抑えた」と言います。

だからこその氷なんですね。

かぐやの浮かれていた発言を聞いた会長はやや暗い顔をしながら尋ねます。

「じゃああのキスも浮かれた勢いって事か?」

「そういう事になりますね」

かぐやは会長はあのキッスを重大に思っているもしれないが、自分はそうではないと言います。

かぐや様は告らせたい133-5【かぐや様は告らせたい】~天才たちの恋愛頭脳戦~133話より引用

いや、結局会長からキッスされたいだけだよね…?

そんなかぐやに会長は顔を背けます。

「そんなの絶対ダメだ…!キスというのはそんなホイホイするものじゃないだろう!」

会長のほうがかぐやよりもよっぽど乙女です(笑)

その後もグダグダ言う会長に、かぐやは蹴りをいれます。

「キッスを必要以上に神聖視する輩を蹴り飛ばすのが四宮流なもので」

そんな暴力に訴えるかぐやに会長は尚も言います。

「やっぱおかしい…!」

「無視するし…いつもより表情が暗いし…!髪は下すし」

普段しない香水のいい匂いがするし…!心配なんだよ!!」

香水に気が付いてもらったかぐやは普段よりも抑え気味に嬉しそうな表情をします。氷ですからね。

「そうやって気づいてくれれば、私はずっと上機嫌なのに」

そう言いながら去ろうとするかぐやに、何か気が付く会長。

「昨日四宮が寒い寒い言ってたのって、手を繋げって事だったりする?」

「なのに俺は繋がなかったから怒って…」

「しょんなわけ無いでしょ!!」

かぐやは顔を手で覆いながら去っていきました…。

 

お得情報!
週刊ヤングジャンプ最新号はU-NEXTの初回ボーナスポイントを利用して読む事ができます。

U-NEXTでヤングジャンプを1冊無料で読む!

※無料期間中に解約すると月額利用料は一切発生しません。

【かぐや様は告らせたい】~天才たちの恋愛頭脳戦~133話の感想・考察

氷かぐや陥落ならず…!!

最後に一瞬氷も解けかけたのですが、まだ元には戻らなかったですね。

やっぱり元に戻るには会長からのキッスしか方法はないのでしょうか…?

 

それにしてもかぐやの代わり様に振り回される会長が気の毒ですね…。

かぐや様は告らせたい133-6【かぐや様は告らせたい】~天才たちの恋愛頭脳戦~133話より引用

特に蹴られたところが最高におもしろ…可哀想でした。

そろそろいつものかぐやに戻って関係性も進展すればいいのになー、と思いますが、会長がヘタレなのでまだしばらく氷かぐやのターンが続きそうな感じがしますね。

 

関連記事:【かぐや様は告らせたい】132話ネタバレ!氷かぐや節炸裂!

関連記事:【かぐや様は告らせたい】134話ネタバレ!氷かぐやが憧れるのは…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜 , 2019 AllRights Reserved.