スポンサーリンク

【ドクターストーン】97話ネタバレ!科学王国の工業化とリーダーの資質!!

更新日:

 

96話では『ホワイマン』に迫るためのレーダーとソナーを製作した千空たち。

この97話では現在の研究室レベルの仕事には限界があると感じていた千空が科学王国を工業化させるために動きます。

また、クロムの閃きがこの問題の解決の一助となります。

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【ドクターストーン】96話ネタバレ!謎の人物『ホワイマン』を追う科学の眼!!

 

スポンサーリンク

 

ドクターストーン97話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

現時点での限界

レーダー&ソナーで必ずホワイマンを見つけ出すと語る千空たち。

人類石化の謎に関して手掛かり0のなかホワイマンというキーマンが現れました。

ドクターストーン97話-1ドクターストーン97話より引用

 

新鮮な魚の料理を皆で楽しんでいるときに龍水が言ったレーダーを使えば「何でもスケスケの丸見え」という言葉でクロムが何かを閃きます。

 

大きなエンジンを船に何基も積む必要があると考えている千空ですが、同時に必要な鉄や石油の量を考えると工業化の必要性も感じています。

 

クロムの閃き

コイルをレーダーの画面につなぎ、鉱石に近づけると反応があることを発見したクロム。

かつて磁石を見つけた洞窟でレーダーが大きく反応する場所を見つけ千空に知らせます。

 

見つけた場所は鉄鉱石の鉱床で科学王国は鉱山を手に入れます。

ドクターストーン97話-2ドクターストーン97話より引用

 

科学王国のリーダー

すさまじい物量に驚くコハク。

千空は科学王国民全員の力で物流網を作ろうと考えています。

 

モノ作りが工業の規模になればリーダーの資質が必要だと幻に語る龍水。

龍水はリーダーは世界を楽しめることが必要だと考えています。

それに対して幻は龍水の言う通りならば科学王国は完璧だと語ります。

 

鉱山のなかにトロッコをつくり、科学王国の物流ネットワークが出来上がりました。

ドクターストーン97話-3ドクターストーン97話より引用

 

スポンサーリンク

 

ドクターストーン97話の感想・考察

リーダーの資質

龍水は世界を楽しめる者がリーダーにふさわしいと語っています。

ドクターストーン97話-4ドクターストーン97話より引用

 

幻も言っていた通り千空はその点を完璧に満たしているといえるのではないでしょうか。

科学王国でできることが増えてきたので、これからはより強いリーダーシップが必要になると思います。

今までは千空の科学に関する才能が注目されてきましたが、これからは科学王国のリーダーとしての役割も重要になってくるのではないでしょうか。

また、今でもそのような雰囲気はありますが幻が千空の右腕になっていくような気がします。

 

工業の時代

船を作り始めた段階で千空は考えていたのでしょうが、科学王国に工業の時代が来ようとしています。

鉱石や石油などの物流ネットワークも完成し、より一層国の様相を呈してきたように思います。資材の量が増え物の流れができたので、今までできなかったことができるようになるのかもしれません。また、物流に関するトラブルが起きないかも心配です。

 

科学王国は船を作る過程でかなりの発展を遂げていると感じます。今度は新しく何ができるようになるのか楽しみです。

関連記事:【ドクターストーン】96話ネタバレ!謎の人物『ホワイマン』を追う科学の眼!!

関連記事:【ドクターストーン】98話ネタバレ!あきらめない心の持ち主・龍水!!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜 , 2019 AllRights Reserved.