【ハイキュー!!】337話”次”ネタバレ!ただひたすらに突き進む

更新日:

 

前号336話では、木兎が赤葦の”いつも通り”=100%自分の力を試合に出せるのは簡単じゃないと言いつつ、『俺には120%ちょうだい』と強烈なサーブを受けた後にも拘わらず尋常じゃない攻撃参加意志を見せ、赤葦に圧を掛けました。

なんだかんだいつもとは違う感じで赤葦は木兎に振り回されていますね!

 

ようやく通常運転に戻った赤葦ですが、それ以上を求める木兎に応えられるのでしょうか?

それでは気になる今号337話”次”の見どころをネタバレさせて頂きます!

 

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【ハイキュー!!】336話”バケモノたちの行くところ”ネタバレ!求めた先へ

 

ハイキュー!!(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

 

【ハイキュー!!】337話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

求めた結果は

黒尾が正念場だと言う大事な局面。

どちらが勝つかこの1点にかかっているといっても過言ではない場面で木兎がいつも以上を求め、バックアタックの助走を取り突っ込んできました。

赤葦は一瞬の間で色んな策を考えますが、木兎のいつも以上を求めた攻撃に『あああ ちょっとやってみたい』と引っ張られ、木兎にトスを上げます。

予想外の展開ですが、赤葦は木兎の求めるトスに完璧に応えてみせました。

 

しかし桐生はこの予想外の攻撃に反応し素早く回り込みレシーブ!

強烈なスパイクをいなし切れず、惜しくもボールはそのまま梟谷コートに返りアウトになりました。

ハイキュー337話-1【ハイキュー!!】337話より引用

前を見据えて

大事な1点を梟谷が得点し、得点は(狢坂)20対(梟谷)23。

両校選手目の前の一球一球に集中し好プレーを見せ、梟谷がマッチポイントを迎え、追う狢坂。

最後は1年尾長がスパイクを決め、試合終了。セットカウント(梟谷)2-(狢坂)1で梟谷学園の勝利です!

 

試合終了後の挨拶でネットを挟み、キャプテン同士握手を交わす木兎と桐生。

桐生は木兎に『高校最後の大会 お前と戦えてよかった』と言いました。

木兎は桐生の手をグッと強く握り『桐生の何でも打ってくるやつチョー凄かったけど この先セッター以外の奴にも「もっといい球寄越せ」って言っていいと思う。無理を承知でも』と言います。

桐生は少し驚きましたが、木兎の真っ直ぐな目を見て『…そうやな』と答えました。

プラカードを持ちながら去っていく木兎の背に桐生は『木兎光太郎 どこまでも前だけ見よん』と思いました。

 

コートを去った狢坂の選手達は思い思いに試合の反省をし悔しさに涙を流します。

桐生は共に頑張ってきた仲間に『…お前達は強ぇ 来年はみっちゃん先生を胴上げしちゃれっちゃ』と笑顔で高校バレーに幕を閉じました。

ハイキュー337話-2【ハイキュー!!】337話より引用

共に歩む

勝ち進んだ梟谷では赤葦が皆の元を離れ一人反省中。

しかし木兎が躊躇いもなく反省中の赤葦の傍へ行き、試合前半は空回ってたことを指摘します。

グッサリ心にダメージを受けた赤葦は弱弱しく『…試合中に…余計な事を考えました…!』と言うと、木兎が『理由分かってんなら大丈夫じゃん 次対策できる』と先輩らしい助言。

赤葦は堪えきれず返事をしつつ涙を流しました。

 

他の梟谷のメンバーもこっそり赤葦を見守る中、泣きながらも木兎に説教をする赤葦。

いつもなら木兎が赤葦に言い負かされる流れですが、赤葦の説教に木兎が論破!

木兎は『よっしゃ!明日こそ全部拾って全部決める!』と言う言葉に赤葦がすかさず『全部は無理』と突っ込む前に、『来たな赤葦!俺は考えたんだぜ!今日は反論に反論できる!!! ”ムリ”ではなく”ムズカシイ”である!!!』と言いました。

赤葦は驚きましたが、笑いながら『そうですね』と返します。

 

中学時代は一人、前を向いて歩んでいた木兎でしたが、今は肩を並べて共に歩む仲間と準決勝へと進むのでした。

ハイキュー337話-3【ハイキュー!!】337話より引用

そして始まる新たな戦い。

日向と星海がネット越しで互いを見つめました。

スポンサーリンク

 

【ハイキュー!!】337話の感想・考察

梟谷学園準決勝進出おめでとうございます!!

この試合で木兎が一回り、二回りも大きく成長したんじゃないかと感じました。

試合後、一足先に高校バレーに幕を閉じた桐生がバレーを続けると確信しているのか、ただ純粋に好敵手へのアドバイスなのかは分かりませんが、こういう事を言える木兎はカッコいいなと思います。

ハイキュー337話-4【ハイキュー!!】337話より引用

赤葦の反論にも反論出来るようになって…!

でもやっぱり賢そうに言ってるけどそこまで良く見えないのが木兎だなって思いました。

桐生の木兎の言葉を素直に受け止められるところも凄いと思うシーンでした。

 

あと赤葦が泣いても通常運転なシーンが好きです。

私は赤葦の『いただけません』っていうセリフ結構好きなので言わせてみると『木兎さん、その影響のされやすさはいただけません!』ですかね。

ハイキュー337話-5【ハイキュー!!】337話より引用

次号338話から遂に真の「小さな巨人」を決める戦いが始まります!

覚醒しつつある日向が星海と試合することでどう変化するのかめちゃめちゃ楽しみです。次号338話も見守っていきましょう!

関連記事:【ハイキュー!!】336話”バケモノたちの行くところ”ネタバレ!求めた先へ

【ハイキュー!!】338話”小さな巨人決定戦”ネタバレ!気合の合言葉

ハイキュー!!(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ネタバレの杜~漫画村の代わりに全巻無料で読めるか検証するサイト~ , 2019 AllRights Reserved.