【かぐや様は告らせたい】122話ネタバレ!かぐやがついに決意する!!

更新日:

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~122話〈かぐや様は告りたい②〉のネタバレになります。

 

良い雰囲気だった中での会長からの“告白”。

「俺は1年飛び級で海外に進学する」

そう会長の決意を聞いたかぐやの反応は…?

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【かぐや様は告らせたい】121話ネタバレ!会長とかぐやの文化祭デート!!

\31日間無料:登録時に600pt付与/

※無料期間内に解約すると料金は一切発生しません

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~122話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

校長の薦めで10月にアーリーを受けたという会長。

本人も受かるとは思っていなかったそうですが、これはまたとない機会。

「俺はスタンフォードに行く」

とかぐやに告げます。

海外の大学は10月に入学のため、1年飛び級だと来年の今頃は向こうにいるのかと、かぐやは納得します。

かぐや様は告らせたい122-1かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~122話より引用

動揺しているだろうに、それを表に出さないかぐやです…。

そして「会長ならそれ位やってのけるだろうと思っていました」と告げ後夜祭の火矢の準備があるから、とその場を去ります。

 

かぐやが向かったのは自分のクラス。

そこでメイドの格好で接客をしていた早坂を連れ、クラスを出ていきます。

 

人気のない階段の踊り場で、早坂に生徒会室での出来事を話すかぐや。

海外の大学へ進学するのに飛び級は合理的、と自分を納得させるように話すかぐやですが、早坂はいいんですか?と揺さぶりをかけます。

「馬鹿言わないで、スタンフォードは私でも入るのが厳しい大学よ!誰がなんと言おうと行くべきでしょう」

私と過ごす高校生活よりもそちらを優先することに拗ねたい気持ちはあるけど、凄い事だから笑顔で送りだすのが筋だ、とかぐやは言います。

「スタンフォードにはかぐや様よりも頭が良く、家柄も程よく、綺麗な女性が居るかもしれませんね」

そんなかぐやに、早坂は追い打ちをかけていきます。酷い(笑)

早坂はかぐやがもっと落ち込んだり海外行きを妨害したりするかと思っていたようですが、かぐやも人生が懸かった場面でそんなことはしないと言います。

 

スポンサーリンク

 

その為の条件がたったひとつあります

早坂は、かぐやには2年に付き合い始め、3年に恋人として学園生活を満喫するというビジョンがあるものだと思っていたそうです。

それに赤くなるかぐや。何も言わずとも早坂の言葉を肯定してしまっています。

 

早坂は、今日から会長が居なくなるまでの10か月にかぐやのしたかったことを全てすれば良い、と言います。

「時間の少なさは密度でカバーできるでしょう」

そうして、それに同意するかぐや。

「わかっているとは思いますが…その為の条件がたったひとつあります」

冷静に告げる早坂にかぐやは答えます。

かぐや様は告らせたい122-2かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~122話より引用

その決意を聞いた早坂は(長かった…)と思いながら泣き出します。

かぐやもビックリです。

 

告白の方法に困るかぐやに、早坂は完璧でロマンチックな告白方法を用意してあります、とマル秘ばっちりプランと書いた書類を取り出します。

それは、火矢の点火時に会長をどきどきさせようというもの。

かぐや様は告らせたい122-4かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~122話より引用

そして、屋上からキャンプファイヤーに盛り上がる生徒を眺めつつ、文化祭の成功を温かい缶コーヒーを飲むながら2人でささやかに祝うそうです。

「これは激エモです」

完璧に早坂の趣味が丸出しです(笑)

「そして告白…」

「ハートのアクセを手渡しつつ…はい!かぐや様ここで告白の言葉を!!」

かぐや様は告らせたい122-3かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~122話より引用

「なんですかその2周遅れのツンデレ女は」

「一瞬眞妃様かと思いましたよ」

否定できないけど、早坂ももう少し眞妃ちゃんに優しくしてあげてぇ…!!

そんな早坂にかぐやはもじもじします。

「だって急に告白とか言うんだもの…大事な所なんだから早坂が考えて…」

 

しかし早坂は、大事な所だからこそ、自分自身の言葉で告白をするべきだと言います。

良いこと言いますね!

 

そして、かぐや様の告白take2!

 

「会長…好き!」

「全然ダメですね」

 

早坂は大きく溜息をつきます。

曰く、かぐやの告白には5W1Hがないという事。

かぐや様は告らせたい122-5かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~122話より引用

自爆パターンは確かにかぐやがやりそうです!!

「引き延ばしに入ったラブコメじゃないんだから一発でビシっと決めてください」

そして、かぐやは…

 

「今ここで私は会長を好きなので真剣に付き合って欲しいです!」

「エモさがゼロ!」

 

早坂のダメ出しがキツイです(笑)

 

「なんですかその自動翻訳みたいな告白は、ふざけてるんですか?やる気がないなら私戻りますよ」

かぐやはまじめにやってますが、もう全然早坂には伝わってないです。

早坂は投げやりに「付き合ってくださいだけ追加して後は普通にどうぞ」と言います。

かぐや様は告らせたい122-6かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~122話より引用

「面白味はないですね」

 

可愛い顔で告白の練習をするかぐやに、これまたキツイ早坂!!

悪いとは言わないけど、紋切り型の誰だって言える言葉でエモさに欠けると溜息をつきます。

そんな早坂にかぐやは逆切れ、エモって何!?別に付き合いましょうの一言でいいじゃないと投げやりになります。

 

 

会長のどこが好きなんですか?

そんなかぐやに、早坂は言います。

「愛情の言語化はとても大事な事なのです」

そして告白はなおの事で、適当に済ませれば良いというものではない、とかぐやに伝えます。

「会長のどこが好きなんですか?その気持ちを素直に言葉に…」

 

早坂の言葉に考え込むかぐや。

 

「大勢で歩く時…列から離れて歩く人が居ると、ちらりと振り向く時の横顔が好き」

 

「心配になる位眠そうな目元とか」

「難題にぶつかった時の引きつり笑いとか」

 

「嫌味な位実直で、地味に負けず嫌いで、人は何にでもなれるって思わせてくれる姿が好き」

 

「前に進もうとする会長が好きなのよ、だから」

かぐや様は告らせたい122-7かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~122話より引用

そんなかぐやを早坂はそっと抱きしめます。

「ごめんなさい、かぐや様」

「私が無神経でした」

「告白、絶対成功させましょう」

 

そうして、“2つの告白”の行方は123話に続きます。

 

\31日間無料:登録時に600pt付与/

※無料期間内に解約すると料金は一切発生しません

 

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~122話の感想・考察

前に進む会長が好きだからこそ、海外には行かないで欲しい、と言えないかぐや。

健気なかぐやの良さが垣間見えた話でした!

 

早坂との遣り取りを見ていると、かぐやが心を許して弱い所も見せられるのは、本当に早坂だけなんだなと感じます。

お嬢様ですし、常に周囲の目を気にしなきゃいけないかぐやに、早坂のような存在がいてくれて良かったです。

それにしても早坂のかぐやへの態度は主人に対してどうなんだろう…とも思いますが(笑)

かぐや様は告らせたい122-8かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~122話より引用

ここに普段の早坂の苦労が詰まってますね。

 

次は石上サイドのお話も入るでしょうか?

そしてかぐやの告白が何かに邪魔されないことを!切実に!願います!!

 

 

関連記事:【かぐや様は告らせたい】121話ネタバレ!会長とかぐやの文化祭デート!!

関連記事:【かぐや様は告らせたい】123話ネタバレ!石上、奉心伝説の存在に気が付く!?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-かぐや様は告らせたい

Copyright© 漫画ネタバレの杜 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.