【オリエント】26話ネタバレ!小次郎と武蔵の過去と謎の男

更新日:

 

最強の武士団を目指す小次郎、武蔵、つぐみの3人。鬼神を斃せる鬼鉄刀を手に入れるため、刀の試しを受ける武蔵と小次郎ですが、武蔵は鬼鉄刀を使えない黒の魂を持つ忌人であることが分かりました。

 

そこに鬼神が放った子鬼が襲来するも、小次郎の鬼鉄刀の力等で撃退します。

その後、武蔵を残し小次郎とつむぎは鬼神を斃すために山頂へ向かいました。

一方、一人残った武蔵の元には謎の男が現れます。

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【オリエント】25話ネタバレ!小次郎の活躍とその時武蔵は?

 

スポンサーリンク

 

オリエント26話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

小次郎と武蔵の出会い

武蔵を置いて他の騎士団と共に山頂へ向かうつむぎと武蔵。小次郎が急いでいる事を注意するつむぎ。

そして、武蔵を置いて行ったことを小次郎に問うと

「武蔵の為に先に行き、鬼神の弱点や角の位置を探りながら武蔵が立ち直って戻ってくるのを待つ」

と小次郎は答えます。

オリエント26話-1オリエント26話より引用

 

そこで、つむぎは武蔵が黒い刀気ですごく珍しいのは特別な血筋があるのか問うと、小次郎は、武蔵はただの農家だと答えます。

そして、小次郎は武蔵との出会いを話し始めます。

小次郎が剣術の修行をしている時にひょっこりと現れ、小次郎が皆に嫌われている武家であるのに、特別扱いせずに対等な言葉を交わしてくれる、とても大切な友人だったと。

オリエント26話-2オリエント26話より引用

 

つむぎは、なぜ武蔵が小次郎に普通に接してくれたのかと聞くと、両親が周りから何を言われても気にしない相当変な人だった。流行病で亡くなったけどいい人達だったよ。

 

それを聞き、つむぎはなぜ武蔵が鬼鉄刀に嫌われるかと、私たちの元へ戻ってこれるか、非常に疑問に思っておりました。

謎の男の出現

オリエント26話-3オリエント26話より引用

 

一方武蔵は謎の男と対面し、話をしています。

謎の男は「君と俺は仲間だって言いに来たんだよ」

謎の男は胸から武蔵と同じ黒の鉱石を見せます。

更に「君の居場所は俺たちの隣だよ」

と意味深なことを言い次回27話へ続きます。

 

スポンサーリンク

 

オリエント26話の感想・考察

武蔵は何故鬼鉄刀を使えないのか?

オリエント26話-4オリエント26話より引用

 

武蔵は普通の農家だと言っておりましたが、農家であったのは本当だとしても血筋は普通だったのかは分からない為、そこが気になります。両親が変わった性格の人であることからも、特別な血筋である可能性は十分考えられます。

特別な血筋の可能性から考えると、そもそも両親が死んだのかも本当のところ分からないなと考えます。

 

また、両親の顔が公開されていない事からも、今後特別な人物として出てくる可能性も考えられます。

 

謎の男の目的は?

謎の男は胸の黒の鉱石を見せ、仲間である事を知らせ、武蔵を自分たちの仲間に誘おうと考えているようですが、謎の男の目的はまだ分かりません。

そもそも武蔵野までに現れたのも、武蔵が特別な人だから探し出したのか、力を偶然感じ取れたのかそのあたりも不明です。

 

ただ、武蔵の持つ黒の刀気が鬼鉄刀に嫌われていることからも、それに反する鬼側の人間である事は十分に考えられるかと思われます。

また「俺たち…」と言っている事からも、集団であろうと思われます。

 

今後の武蔵は?

男に誘いは、小次郎との小さい頃からの夢である武士団を作る為、まず断ると考えられます。

ただ、武蔵は武士になれない等を男に言われた場合は、小次郎の前から姿を消す事は十分考えられ、今後に期待です。

 

関連記事:【オリエント】25話ネタバレ!小次郎の活躍とその時武蔵は?

関連記事:【オリエント】27話ネタバレ!黒の鉱石を持つ謎の男のその目的は?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-オリエント

Copyright© 漫画ネタバレの杜 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.