【ハイキュー!!】329話”全国三大エース”ネタバレ!壁を乗り越えて

更新日:

 

前号328話のラストは狢坂セッター臼利の策略なのか、梟谷の攻撃がいきなりブロックされてしまいました。

木兎も赤葦が最初の攻撃にセンターを使うのは予想していなかったようで、狢坂は相当梟谷を研究しているという事でしょうか?

 

予想外の立ち上がりですが、まだまだ序盤ですのでこれから巻き返して欲しいです!

それでは今号329話“全国三大エース”の見どころをネタバレさせて頂きます!

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【ハイキュー!!】328話”負けられない戦い”ネタバレ!エース対決の裏で

 

スポンサーリンク

 

【ハイキュー!!】329話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

 

パワー系エース

桐生のスパイクが決まり、(狢坂)3対(梟谷)2。

応援席から試合を見ている研磨や黒尾達は桐生のスパイクを分析しています。

 

黒尾いわく狢坂はフィジカルトレーニングに力をいれているようで、桐生はパワーもありますがジャンプ力もあるようです。

山本が雑誌で読んだ記事によると、桐生は打ち方も利き腕にできるだけ体重を乗せる打ち方を意識し、普通より左に傾いているそうです。

黒尾達の見解では桐生はコースを精密に打ち分けるパワー重視型の”ブッ放す系”の選手だそうです。

「高さとパワー」を兼ね揃える桐生、しかしそれだけではないと黒尾は感じたようです。

ハイキュー!!329話-1【ハイキュー!!】329話より引用

心に決めた決意

桐生が中学2年の大会時の回想に入ります。

中学生の頃から桐生は活躍している選手のようで、チームの選手からの信頼も厚い様子。

次の試合相手は同じく中学生の頃から活躍し、烏野を苦しめた牛島率いる白鳥沢との対戦です。

 

どちらも注目の選手なので、当然試合では執拗にブロッカーにマークされ、桐生はブロックを意識しすぎて、スパイクが決まらなくなります。

それが引き金になったのか、チームのセッターが「行け!!」とセットアップしてくれたトスを打たずオーバーで返し白鳥沢のチャンスボールになってしまいました。

結果は白鳥沢に負けてしまったようで、牛島は崖っぷちに立っても「エース」だったが自分はどうだったか?と思い悩む桐生。

チームの選手は桐生に頼り過ぎたと桐生を責めるのではなく、「ごめん」と謝ります。

その言葉に桐生は泣きながら『全部呼ぶけん 全部打つけん』と言い、心の中で『謝らんでくれ』と願うのでした。

ハイキュー!!329話-2【ハイキュー!!】329話より引用

そして生まれた怪物

回想が終わり、梟谷との対戦に戻ります。

桐生は二段トスのボールが低いと感じたので、助走を一歩助走にし強烈なスパイクを打ちました。

 

テレビのアナウンサーが桐生の先程の一歩助走の解説。

普通なら返すだけで精一杯になったりするようなトスとしては不十分なトスにも桐生は合わせ、そしてパワーで点を捥ぎ取る器用さと強引さが混在した選手だと評価します。

現在の桐生は打ちやすいボールでは無くてもどんなボールでも得点に変えてみせる”悪球打ちの桐生”と呼ばれるそうです。

ハイキュー!!329話-3【ハイキュー!!】329話より引用

またしても打ちにくいトスを一歩助走で強烈なスパイクを打つ桐生。

スパイクは木兎の正面ですが、前に出過ぎたようでアンダーが出来ず胸でレシーブ!

そして自分でナイスレシーブ!!!と叫ぶ木兎に、突っ込まずにはいられない梟谷メンバーでした。

スポンサーリンク

 

【ハイキュー!!】329話の感想・考察

 

強面な桐生ですが、とても芯のある選手だと今号329話を読んで感じました。

東根もでしたが、やはりエースとして一度はぶつかる壁なのでしょう。

久々に登場した牛島は中学生でもオーラがありましたが、彼も壁にぶつかった時があるのでしょうか?

稲荷崎の双子も回想に登場していましたが、こちらは相変わらず兄弟ケンカしており和みました。

ハイキュー!!329話-4【ハイキュー!!】329話より引用

そして桐生が”全部打つ”と心に決め、現在では”悪球打ち”の異名をもつ程努力してきた事が伝わってきて感動してジーンときたところに木兎の胸でレシーブに全部持っていかれました。

ハイキュー!!329話-5【ハイキュー!!】329話より引用

本当に木兎は良いキャラしてます!

間髪入れずにツッコミを入れる梟谷メンバーもさすがですね。

試合状況は梟谷が負けている状況ですが、次号330話で巻き返すと期待しましょう!

関連記事:【ハイキュー!!】328話”負けられない戦い”ネタバレ!エース対決の裏で

【ハイキュー!!】330話”エースのさだめ”ネタバレ!不穏な雲行き

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-ハイキュー!!