【終わりのセラフ】74話ネタバレ!四鎌童子の狙いとは!

投稿日:

優一郎の中に入った四鎌童子は阿修羅丸を圧倒。駆けつけた優一郎に阿修羅丸は助けられ二人は四鎌童子と対峙しました。
四鎌童子の目的が明らかになります。

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【終わりのセラフ】73話ネタバレ!四鎌童子が動き出す!

 

スポンサーリンク

 

終わりのセラフ74話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

優一郎・阿修羅丸vs四鎌童子

優一郎が四鎌童子と話すのを止めようとするシノアですが、その声は届きません。

やって来たグレンにシノアは、自分と暮人の中にいるバケモノが優一郎の中にいることを伝えます。

 

四鎌童子は優一郎と阿修羅丸に二人の過去を知っていると言います。

知りたいと思った優一郎は四鎌童子に心を取り込まれてしまいました

阿修羅丸は攻撃を仕掛けますが防がれてしまいます。

阿修羅丸も連れていく、昔みたいに二人はいつも一緒だという四鎌童子。

終わりのセラフ74話-1終わりのセラフ74話より引用

 

焦る阿修羅丸でしたが、優一郎は正気のまま舌を出し、四鎌童子を斬りつけます。

終わりのセラフ74話-2終わりのセラフ74話より引用

 

仲間が、家族がいるから記憶なんていらないという優一郎は四鎌童子をバラバラにしました。

 

死んだか判断できず刀でつつく優一郎。

阿修羅丸が刀を突き刺し消えろと言うと、四鎌童子の死体は消えました。

優一郎は何故吸血鬼に鬼の力が効くのか疑問に思いながら、阿修羅丸と死体の破片を消していきます。

 

勝利した二人は四鎌童子の言う記憶について気になっていましたが、いまの奴怖そうだったからいいと言う阿修羅丸。

ところが二人の背後に倒したはずの四鎌童子が立っていました。

終わりのセラフ74話-3終わりのセラフ74話より引用

 

振り向いた二人の胸に腕を突っ込み殺そうとする四鎌童子。

その時、扉からシノアが現れ、持っていた鎌を投げつけます。

 

スポンサーリンク

シノアに迫る危機

四鎌童子は今日初めてダメージを受けたと笑います。

そして優一郎にシノアが優一郎に恋をしていることを教えます。

恋をしたことで16年間下げなかった心の壁を下げてしまったと。

終わりのセラフ74話-4終わりのセラフ74話より引用

 

今日の目的はこれだと言う四鎌童子は優一郎達から離れシノアを掴みます。

心に侵入されそうになるシノアは優一郎の声で抵抗の力が上がります。

優一郎のせいでこうなったら優一郎を傷つけるから、それが嫌だという欲望が上がっていると四鎌童子は言います。

頑張って抵抗するシノアでしたが、だめみたいと優一郎に謝ります。

 

優一郎は必死に駆けつけましたが、扉はしまってしまいました。

自分のせいだと責める優一郎に阿修羅丸は否定します。

 

すく現実に戻った優一郎が見たのは心臓が止まったシノアと周りで慌てる仲間達でした。

フェリドとクローリーは真祖を感じていました。

また池袋ではリーグ・スタフォードが、京都ではウルド・ギース、レスト・カー、キ・ルクが真祖の存在に気づいていました。

ウルドは東京へ行くことに決めます。

そしてシノアは吸血鬼化が始まってしまいました

終わりのセラフ74話-5終わりのセラフ74話より引用

 

スポンサーリンク

 

終わりのセラフ74話の感想・考察

四鎌童子の目的

四鎌童子が現れたことで、優一郎と阿修羅丸の過去が少しは分かるかと思っていましたが、駄目でした。

目的は優一郎を囮にシノアを取り込むことだったんですね。

終わりのセラフ74話-6終わりのセラフ74話より引用

シノアの心の壁が強靭なことは今までにも出てきていますから、優一郎を利用したのでしょう。

最後にシノアの吸血鬼化が始まっていますが、体を完全に乗っ取られるということでしょうか。

 

だとすれば、優一郎達は今後かなり戦いにくくなるのではと思います。

シノアの体を傷つけるのは辛いですから。

優一郎が自分を責めているのも危険です。

また四鎌童子が心に入ってきたら、取り込まれる可能性も高くなってしまいます。

 

集う吸血鬼

これまでバラバラに行動していた吸血鬼達が、東京に勢揃いしそうです。

終わりのセラフ74話-7終わりのセラフ74話より引用

スタフォードは何か知っているようですし、ウルド達はクルルを捕らえた時、話を聞かされていたはず。

それぞれが今後どういう行動をとるのか、予想がつきません。

正直、敵味方もかなり複雑になっています。

 

関連記事:【終わりのセラフ】73話ネタバレ!四鎌童子が動き出す!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-終わりのセラフ

Copyright© 漫画ネタバレの杜 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.