【ハイキュー!!】328話”負けられない戦い”ネタバレ!エース対決の裏で

更新日:

 

前号327話のラストは木兎が元気よくコートに入り、梟谷対狢坂の対決が幕開けしました!

全国で5本の指に入るエースと3本の指に入るエース率いるエース対決はどちらに軍配が上がるのでしょうか?

 

木兎の調子は好調の様ですので思いっきりスパイクをふっとばしていって欲しいですね。

それでは今号328話“負けられない戦い”の見どころをネタバレさせて頂きます!

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【ハイキュー!!】327話”バレーの虫たち” 新たな幕開け

 

スポンサーリンク

 

【ハイキュー!!】328話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

 

木兎語で言う一番

テレビの実況でアナウンサーは、両校全国屈指のエースを擁するエース対決になりそうだと予想。

強豪同士がぶつかる一戦だと注目が集まる中、赤葦は脳裏にライバルのセッター達の勇姿、音駒の3年生の達の後ろ姿。そして、春高2日目の夜に残りの試合「ぜんぶ勝つ」と言った木兎の横顔を思い浮かべます。

 

いつもより一段と真剣な赤葦をよそに、木兎が思い浮かんだのは合宿時に黒尾や赤葦に全国で5本の指に入るエースだが3本の指にはギリ入れないと言っていた会話。

思い浮かべて不敵そうに笑いだし5本だの3本だの多いわ!!!っと大声でツッコみ、周りの選手は何事かと木兎を見やります。

木兎は人差し指を天井に突き立て『俺は1本の指に入るエースだ!!!!』と会場全体に宣言しました。

 

ハイキュー!!328話-1【ハイキュー!!】328話より引用

偶然か必然か

笛が鳴り、梟谷対狢坂の試合開始です!狢坂のセッター臼利のサーブでスタートしました。

梟谷は木葉がきれいにボールをセッター赤葦に返します。

 

ボールが落ちてくる数秒の間、赤葦は木兎の調子や狢坂がどう出るか予測し1発目は木兎を囮に使いセンターの1年尾長にボールを上げます。

しかし狢坂は赤葦の思考を読んでいたのか、コミットブロックで梟谷の攻撃をブロック!

予想外の立ち上がりに赤葦は考え過ぎたと木兎に謝りましたが木兎も赤葦の考えは良かったと思っていたようで、さすが準々決勝だと感心していました。

 


ハイキュー!!328話-2【ハイキュー!!】328話より引用

全国3大エース

2回目の臼利のサーブはアウトとなり、梟谷のサーブです。

尾長のサーブでエースの桐生にボールを取らせましたが崩れることなくレシーブされ、こちらもきれいにボールがセッターへ返ります。

狢坂セッターの臼利は迷う事なく桐生にボールを上げます。

 

梟谷はブロック3枚揃えましたが、桐生のスパイクはブロックをぶち抜き強烈な1発で得点されました!

実況のアナウンサーは『ブロックを物ともしないこれぞ三大エーース!!!』と興奮気味。

セッター臼利は笑みを浮かべて梟谷を見つめていました。

 

ハイキュー!!328話-3【ハイキュー!!】328話より引用

 

 

 

スポンサーリンク

 

【ハイキュー!!】328話の感想・考察

 

いきなり波乱の予感ですね!

 

梟谷の1発目の狢坂のブロックは、コミットブロックだと試合を見ていた研磨や黒尾が驚いましたがどういうブロックか忘れてしまったので調べてみました。

いつも月島や黒尾が実践しているリードブロックは、誰にトスが上がるか見てからスパイカーに合わせて跳ぶブロックで、対してコミットは以前音駒の犬岡が日向に実践していたトスが上がる前にヤマを張って跳ぶブロックだそうです。これによって早い攻撃に対応できるとの事です。

 

ということは狢坂は赤葦がセンターに上げると予測していたという事ですよね!

1発目のブロック後や桐生のスパイクが決まった後に笑みを浮かべる臼利が描かれていますが、臼利が一連の流れを予測していたのでしょうか?

エース対決にばかり目がいきますが、もしやエースを支えるセッター対決なのでしょうか?

 

ハイキュー!!328話-4【ハイキュー!!】328話より引用

 

 

臼利、不気味です。

木兎にいつもの明るさとエースとしての力を発揮してもらって臼利の思惑をふっとばして欲しいですね。

 

狢坂にブロックされた時の木兎の驚いた表情が今号328話の中で一番好きです。

 


ハイキュー!!328話-5【ハイキュー!!】328話より引用

予想外な立ち上がりでしたがまだ試合は始まったばかりです!次号も見守っていきましょう!!

 

 

関連記事:【ハイキュー!!】327話”バレーの虫たち” 新たな幕開け

【ハイキュー!!】329話”全国三大エース”ネタバレ!壁を乗り越えて

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-ハイキュー!!

Copyright© 漫画ネタバレの杜 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.