【終わりのセラフ】73話ネタバレ!四鎌童子が動き出す!

更新日:

暮人とシノアはバケモノにとり憑かれない方法を探すため検査を受けることになりました。そこへ優一郎とミカエラが人間に戻るために研究に協力すると申し出ます。優一郎と阿修羅丸がついに四鎌童子と対面です。

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

 

スポンサーリンク

 

終わりのセラフ73話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

四鎌童子と阿修羅丸

拘束されミカエラと共に研究所にやって来た優一郎は、笑顔で俺達を人間に戻してくれと言います。

それを見て笑う暮人に気付いた優一郎は暮人が鎖に繋がれていることに驚きます。

暮人と深夜の会話で暮人の雰囲気が変わったことに気づく優一郎。

 

改めて今の状況をグレンに尋ねました。

暮人とシノアが人知の外のバケモノにとり憑かれていることを知った優一郎は、拘束を解きシノアの元へ行きます。

しかしその背後には四鎌童子が近づいていました。

終わりのセラフ73話-1終わりのセラフ73話より引用

 

アシェラ まだ君はユウといるのかい

 

四鎌童子の言葉に優一郎の刀・阿修羅丸は小さく音を鳴らします。

場面は阿修羅丸の心の中に。

空を見上げ佇む阿修羅丸の元に四鎌童子が現れました。

終わりのセラフ73話-2終わりのセラフ73話より引用

 

なんだ おまえ

思い出せよ アシェラ・ツェペシ

 

鬼の心に入ってくるなんて質の悪いバケモノだと言う阿修羅丸。

しかし四鎌童子は阿修羅丸は鬼ではない。鬼なんてこの世にはいないと言います。

心の中から出ていかない四鎌童子に阿修羅丸は刀を出し攻撃を仕掛けます。

倒したと思い刀を消す阿修羅丸の背後に現れ、動きを封じる四鎌童子。

 

さあ思い出しなよ アシェラ
君が何者だったか
誰になにをされたのかを

 

血を吸われる阿修羅丸は優一郎に欲望の力を借りようとしますが、四鎌童子に阻止されてしまいます。

 

終わりのセラフ73話-3終わりのセラフ73話より引用
スポンサーリンク

対面

場面は再び現実に。

優一郎がシノアの元へ訪れます。

バケモノがとり憑いたことを心配する優一郎ですが、シノアは優一郎も中身がバケモノだらけだと指摘します。

お互い自分はいいと言いますが、優一郎はシノアはだめだ、俺が助けると言います。

終わりのセラフ73話-4終わりのセラフ73話より引用

 

それを聞き、心の壁が下がるのを感じるシノア。

シノアは平静を保ちながら自分の中のバケモノが優一郎の中にいっていることを教えます。

はじめは気づかない優一郎ですが、シノアにいわれるまま胸の奥に耳を済ませ、鬼と心を同化させると、阿修羅丸が助けを求める声が聞こえました。

 

心の中に入った優一郎が見たのは四鎌童子に襲われている阿修羅丸。

欲望を喰うことも出来ない阿修羅丸を、優一郎は自分の元に呼び寄せます。

終わりのセラフ73話-5終わりのセラフ73話より引用

 

刀の姿になり四鎌童子から逃れた阿修羅丸。

優一郎と阿修羅丸が並ぶのを見て四鎌童子は言います。

 

懐かしい気分になるね
二人が揃うのを見るのは

ユウも久しぶり

 

終わりのセラフ73話-6終わりのセラフ73話より引用

 

スポンサーリンク

 

終わりのセラフ73話の感想・考察

ずっとラスボス的立場にいた四鎌童子が本格的に出てきました。

過去に登場したこともありますが、謎だらけの存在です。

阿修羅丸の心の中でありながら、阿修羅丸を圧倒するなんてただ者ではありません。

終わりのセラフ73話-7終わりのセラフ73話より引用

 

吸血鬼から鬼になり、柊を支配し続ける目的が何なのか、少しは明らかになるのでしょうか。

 

そして優一郎に対しての久しぶりという言葉は驚きです。

過去の記憶がなく、親に悪魔の子と呼ばれ殺されかけた優一郎。

四鎌童子はそのあたりの事も知っているのか気になります。

 

終わりのセラフは物語の中に多くの謎があって、やはりラスボス・四鎌童子と、主人公・優一郎の謎は一番気になるところ。

二人が出会い、ようやく色々なものが動き始めるのではと楽しみです。

 

関連記事:終わりのセラフ】74話ネタバレ!四鎌童子の狙いとは!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-終わりのセラフ

Copyright© 漫画ネタバレの杜 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.