【鬼滅の刃】136話ネタバレ!炭治郎、水柱・義勇のもとへ!!

更新日:

 

135話で岩柱の修行を終えた炭治郎。

まだ岩柱の修行を続ける同期の仲間たちと別れ、次の修行を行うため水柱・義勇の元へ向かいます。

そして、この136話の最後には病に伏す産屋敷の元にある人物が訪れます。物語の大きな動きを予感させる136話です。

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【鬼滅の刃】135話ネタバレ!岩柱・悲鳴嶼行冥の修行完了。行冥のつらい過去とは!?

 

スポンサーリンク

 

鬼滅の刃136話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

同期の仲間たち

共に食事をとりながら会話をする炭治郎・伊之助・玄弥の三人。

玄弥は行冥の弟子ですが継子ではないようです。鬼を喰っていることを察してしのぶを紹介していたりもするようです。

 

玄弥とはここで別れるため玄弥の兄・実弥について何かを伝える炭治郎。

 

炭治郎が善逸の元へ行くと善逸はいつもと違う雰囲気で、炭治郎も自分もやるべきことをやらなければならないというような話をします。

鬼滅の刃136話-1鬼滅の刃136話より引用

 

水柱・冨岡義勇のもとへ

善逸や禰豆子のことを心配しながらも水柱・義勇の元へ向かう炭治郎。

 

ようやくたどり着くと、そこには水柱・冨岡義勇と風柱・不死川実弥が木刀を持って向かい合っていました。

鬼滅の刃136話-2鬼滅の刃136話より引用

 

激しい戦いを繰り広げる二人の柱たち。

 

以前会っていた時におはぎの匂いを感じ取っていた炭治郎は、おはぎの奪い合いが喧嘩の原因だと思い込み止めに入ります。

義勇と炭治郎におはぎについていろいろと質問された実弥は怒りの鉄拳を炭治郎に浴びせます。

鬼滅の刃136話-3鬼滅の刃136話より引用

 

炭治郎が気絶から目を覚ますと実弥はすでに帰っていました。

二人は喧嘩をしていたのではなく、柱稽古の一環で柱は柱同士で手合わせをしていただけのようです。

 

鬼殺隊当主と最初の鬼

帰り道、気配を感じて鳴女の作った小さな鬼を捕まえて握りつぶす実弥。

 

月の出ている夜、病床に伏す鬼殺隊当主・産屋敷耀哉のもとに鬼たちの頂点である鬼舞辻無惨がやってきます。

鬼滅の刃136話-4鬼滅の刃136話より引用

 

スポンサーリンク

 

鬼滅の刃136話の感想・考察

義勇の変化

以前は錆兎に関する出来事から周りと打ち解ける様子がなかった義勇ですが、やり方の善し悪しは別にして周りと距離を縮めようとする姿勢は見られました。

炭治郎も義勇も他の人間と感覚がずれているところがあるので少し心配です。

鬼滅の刃136話-5鬼滅の刃136話より引用

 

善逸の様子

135話で善逸の元に届いた手紙の影響だと思いますが、善逸の様子が非常に気になります。普段は悲観的な言動ばかりしている善逸が何かを気負っているような姿は彼によくない事が起こるのではないかと不安にさせます。

 

産屋敷と鬼舞辻

鬼殺隊当主である産屋敷耀哉のもとに鬼舞辻無惨がやってくるというのは驚きの展開でした。鳴女の探索能力が非常に高かったということでしょうか。今までその所在を鬼たちから隠してきた産屋敷ですが鬼舞辻がやってきても驚きも焦りもしていないところが自分の死期を悟っているように感じます。

 

鬼舞辻は産屋敷一族と因縁があるようなことが匂わせるような話が以前にあったのでその謎が明かされるのか気になります。

関連記事:【鬼滅の刃】135話ネタバレ!岩柱・悲鳴嶼行冥の修行完了。行冥のつらい過去とは!?

関連記事:【鬼滅の刃】137話ネタバレ!ついに対峙する産屋敷耀哉と鬼舞辻無惨!!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-鬼滅の刃

Copyright© 漫画ネタバレの杜 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.