【東京卍リベンジャーズ】86話ネタバレ!柴大寿をめぐるそれぞれの決意

更新日:

 

前回、黒龍(ブラックドラゴン)と東京卍會の和平が成立したが、未来が変わったとは考えにくく状況は何も変わってないのではと推測する東京卍會壱番隊副隊長、松野千冬。

 

現代(未来)が変わったかどうかを確かめに行くこともできない東京卍會壱番隊隊長、花垣武道に今、何ができるのでしょうか。東京卍會弐番隊隊長、三ツ谷隆の交渉により黒龍総長、柴大寿の支配から解放されたかにみえた柴柚葉だったが、そんな約束を守るような男ではないと、柴八戒は最後の決断をするのでした。「オレは、大寿を殺す」柴八戒の決意を打ち明けられたところから物語は始まります。

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【東京卍リベンジャーズ】85話ネタバレ!柴家の闇、柴大寿の支配に八戒の出した答えは

 

スポンサーリンク

 

東京卍リベンジャーズ86話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

柴八戒の決意表明

黒龍総長で兄の柴大寿を殺すという決意を東卍壱番隊隊長、花垣武道と副隊長、松野千冬に打ち明けた柴八戒でした。「決意表明かな?」未だに柴大寿の支配に怯えている柴八戒は、誰かに自分の決意を打ち明けることによって己の決意が揺るがないようにしているのでした。

話を聞いた花垣武道は、柴大寿に対して怒りをあらわにします。「兄弟をさ…殺すって思わすまで追い詰めてんだぜ?」花垣たけみちは、黒龍をぶっ潰すと宣言します。

東京卍リベンジャーズ86話-1東京卍リベンジャーズ86話より引用

 

武道の本気、気圧される千冬 黒龍をぶっ潰す!

花垣武道の宣言を聞き松野千冬は、八戒がどうすれば柴大寿を殺さないかをちゃんと考えるべきではないかと言います。しかし、花垣武道のいつになく力強い眼差しを見てたじろぐのでした。黒龍を潰せば未来は確実に変わるはずと、自分に言い聞かせるように言い、

「オレも乗った!」こうして、花垣武道と松野千冬の進む道が決まったのでした。

東京卍リベンジャーズ86話-2東京卍リベンジャーズ86話より引用

 

東京卍會幹部達の答えは

東京卍會の幹部達と集まったファミレスで、花垣武道は黒龍を潰すことを伝えます。しかし、幹部達の反応はいいものではありませんでした。東卍副総長のドラケンこと龍宮寺堅の答えは、「却下!」の一言。

東京卍リベンジャーズ86話-3東京卍リベンジャーズ86話より引用

 

花垣武道の思うことも分かるが、ここで黒龍に戦争をしかける事は、和平を約束した三ツ谷隆の顔に泥を塗る行為になるのだど一蹴します。

「話は終わりだ!」花垣武道の提案は、あっさり却下されたのでした。幹部達との話し合いが終わり二人きりになった花垣武道と松野千冬。花垣武道は、二人だけでやるしかないと松野千冬に告げるのでした。そこへ現れたのは、現代(未来)の東卍を巨大な犯罪組織へと創り替えた現況である東卍参番隊隊長、稀咲鉄太だったのです。

 

スポンサーリンク

 

東京卍リベンジャーズ86話の感想・考察

まだまだ底の知れない柴大寿、稀咲鉄太の思惑

兄の柴大寿を殺すという決意を他人に話さなければ行動に移せないくらい、柴大寿の支配を恐れているが、どうしても殺さないといけないと思う柴八戒の覚悟が伝わってきました。

そして、柴八戒の兄弟を殺すとまで思わせた柴大寿への怒りは花垣武道の黒龍をぶっ潰すという決意にまで発展しました。

これは花垣武道なりの「暴力は守る為に使えよ」という三ツ谷隆の言葉の実践なのではないかと感じました。

 

いつもは冷静な判断で、花垣武道を導いている松野千冬でさえ花垣武道の強い眼差しを見て、反対することができませんでした。

「ありがと三ツ谷」と言いながらも何かを隠しているような柴柚葉、和平成立が簡単すぎたと言う三ツ谷隆、柴大寿を殺すと決意する柴八戒、黒龍をぶっ潰すと言う花垣武道、誰もがこのまま何事もなく終わらない、柴大寿を誰もが信じていない様子です。

黒龍との戦争を幹部達によってあっさり却下された花垣武道の今後の行動は松野千冬と二人だけでやるしかないという方向に、

東京卍リベンジャーズ86話-4東京卍リベンジャーズ86話より引用

 

しかしそこに「オレも混ぜろ」と名乗り出てきた参番隊隊長、稀咲鉄太の思惑とは?

今後も目が離せません。

関連記事:【東京卍リベンジャーズ】85話ネタバレ!柴家の闇、柴大寿の支配に八戒の出した答えは

関連記事:【東京卍リベンジャーズ】87話ネタバレ!稀咲鉄太の思惑の裏に何が

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-東京卍リベンジャーズ

Copyright© 漫画ネタバレの杜 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.