【かぐや様は告らせたい】117話ネタバレ!ついにあの男が動く!?文化祭前半戦クライマックス!!

更新日:

 

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~117話〈白銀御行の文化祭〉のネタバレになります。

 

まだまだ文化祭初日。

相変わらず会長とかぐやは何も無いまま進んでいますが、117話では動きはあるのでしょうか?

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【かぐや様は告らせたい】116話ネタバレ!かぐや様に恋のライバル登場!?

 

スポンサーリンク

 

かぐや様は告らせたい117話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

誰かの常識は、誰かの非常識

藤原に連れられた会長を探すかぐやは、ハートのキーホルダーを眺めながらいまだ会長に渡せていないことを嘆きます。

 

奉心伝説…ハートの形をした物を贈り、愛を伝える。秀知院に長く伝わる文化祭の伝統です。

この話は普通に友達の居る生徒の間では常識であり、誰もが知っていて当然、と考えられています。

 

ただ、かぐやの様に浮いた存在は時折そういった話題を取りこぼす事が多いそう。

…あれ、生徒会は何人かそういう話題取りこぼしそうな人いますね…。

 

そうして、かぐやは空を見上げながら、もう一人文化祭に勝負をかけている石上に、上手くやっているかしら、と思いを馳せます。

 

誰かの常識は誰かの非常識

話題に乗り遅れる人間は一定数存在する

 

とナレーションがあります。これ間違いなく石上のことですね!

 

ほんの気持ちです

そして、場面は変わり立体音響ホラーハウスから出てくるつばめと石上。

想像以上に怖かった様子のつばめはやや震えています。

 

(折角のチャンスだったのに、伊井野のせいで一気に距離を縮める作戦も失敗してしまった…)

と石上。

なんとかもう少し一緒にいたくて、繋ぎとめる方法を思案します。

 

そんな考え込む石上を見たつばめは、

「優くん これうちのクラスなんだ!寄っていってよ!」

と明るく声をかけます。

…女神かな?

 

(よく気が付く人だからな いらん気を使わせちゃったみたいだ…なんかお礼できたら良いんだけど)

そこで、つばめも自分と一緒に周りたかったのかな?と考えないところがネガティブ石上ですよね!

 

つばめのクラスは露店を模した出し物になっています。

まとあて、かたぬき、わたあめ…などの露店がクラスの中で並んでいます。

 

そして景品コーナーには大きいハート型のクッキーが!

悪ふざけで作ったけど綺麗に焼けたから景品にしてみた、とつばめのクラスメイトが言うのを聞いて、いいじゃんいいじゃん!と楽しそうなつばめ。

 

「こんなの貰えたら素敵だよねぇ~」

うっとりしながら言うつばめを見つめる石上は、まとあてゲームがあるのに気が付きます。

 

「ねえ優くんは今年祭りとか行っ…」

つばめが振り向き声を掛けようとしますが、石上の姿がありません。

そこに響く、カランコローンという金の音。

石上がまとあてにチャレンジし、見事100点を出していました!

 

「えーっすごーい!」

と嬉しそうなつばめ。

「自分でもビックリです 玩具屋次男坊の面目は保てましたかね」

笑う石上。

…なんだか良い感じではないでしょうか!?

 

(今日の僕には流れが来てる)

そう確信した石上は、景品に大きいハート型クッキーを選びます。

もしや!これは!!

 

「わー優くんそんな大きいの食べきれる~?」

楽しそうなつばめに、石上は…

かぐや様は告らせたい117話-1かぐや様は告らせたい117話より引用

 

い、いったーー!!!!

 

ザワザワするクラス。

ハートの?まじか!とソワソワする周囲。赤くなるつばめ。

 

この学校の生徒の9割は文化祭でハートを贈るという事がどういう意味か当然のように理解している 

 

しかし!!

かぐや様は告らせたい117話-2かぐや様は告らせたい117話より引用

 

肝心の石上が何もわかっていなかった(笑)

 

まぁ石上友達少ないですもんね!仕方ないよね!

つばめはかぐやに伝説を教えたぐらいなので、当然意味を理解しています。

が、石上は日頃の感謝を、ほんの気持ちです♪とクッキーに託す、ぐらいなイメージ。

石上には流れ作業の如く自然な行いだった…。

 

クッキーを前にし、恥ずかしそうなつばめ。

「えっと…これは……どういう意味の…?」

確認しておかないと、つばめの勘違いかもしれませんもんね!

 

「?意味なんて一つしかないでしょう?」

不思議そうな石上。

かぐや様は告らせたい117話-3かぐや様は告らせたい117話より引用

 

ち、違わないけど違うだろー!!!!(爆)

でも告白だと思っていないからこそ、どもったりせずに男らしく告白(?)できたのではないでしょうか!!

 

「あっ 迷惑でしたら自分で食べますので……」

「めっ迷惑なんかじゃないよ!」

 

つばめは頬を赤く染めてハートのクッキーを見つめます。

 

「凄く嬉しい…けど」

 

「ごめんちょっと考えさせて!」

 

そのままつばめはクッキーを持って教室から出て行ってしまいます。

でもこの場でお断りされなかったということは石上に勝機アリ!でしょうか!?

 

「……あら~……」

 

そして、それを見つめる姿が2つ…。

そう!先週生徒会室から追い出された会長と、追い出した藤原です!

 

スポンサーリンク

 

恋愛自粛!?会長の計画はどうなる!

石上にとっては思わぬ告白となってしまった場面を目撃した2人。

「石上って子安さんのこと…」

とはじめて石上の片思いに気が付いた会長と、

「気付いてなかったんですか…結構あからさまでしたよ?」

とこちらは以前から気が付いていた藤原。

 

それにしても石上の2人しかいない友人の1人である会長(もう1人は翼)は気が付いていなかったんかい!

まぁ会長は翼と違ってだいぶ鈍いから仕方ないかもしれませんが…。

かぐや様は告らせたい117話-4かぐや様は告らせたい117話より引用

 

石上じゃなくて自分の心配が先だったー!!!

 

(成功なら万事ハッピー何の問題もない)

(だが仮に失敗した場合)

(恐らく石上は深く傷つき落ち込むだろう)

(そして俺達は石上を励まし一緒に悲しんだりする…)

 

(そんな空気の中告った告られたなんて出来るか!!)

やっぱり自分の心配だったー!!!

 

失恋した時、身内の不幸、そして友人が失恋した時…

周囲はフォローに周り、不幸に同調…喪に服すかのような恋愛自粛ムードが構築される。

そんなムードの中恋人を作る為に行動を起こすなど、白い目で見られかねない危険な行為!

 

会長は石上の告白が失敗したら、かぐやからの告白の可能性がほとんどなくなると思っているんですねー。

確かにかぐやは石上の恋を応援しているので、それもあり得るかもしれません。

また、自分から告白したとしても、かぐやが悲しんでいる石上のことを気にして断るかもしれない、とも思っているようです。

 

文化祭に勝負をかけようとした白銀、思わぬ方向から障害が発生!

って、もっと石上の恋が実る可能性を信じてあげて欲しいんですが(笑)

 

このままでは計画が破綻しかねない会長は、藤原に助言を求めます。

 

「この告白は上手く行くと思うか?」

「ははは~無理ですよ 相手は3年のマドンナですよ~石上くんには到底到底……」

藤原も酷い(笑)

 

藤原曰く、相手を恋愛対象として見れるか否かは大抵減点方式で判断するとのこと。

「性格や言動、身なりや清潔感、一定のNGポイントがあれば大金持ちでも恋愛対象外になります」

「逆にそれが無ければどんな貧乏でも恋愛対象になりえます」

 

2人は石上の欠点を潰し、常識的な振舞いが出来れば良いという結論になりますが…

かぐや様は告らせたい117話-5かぐや様は告らせたい117話より引用

 

藤原は色々根に持っているようです!

 

他にも前髪が鬱陶しいなど藤原個人の主観で不満は色々あるようです。

本当に藤原と石上は相性が悪いですね!

 

ちなみに会長から見た石上はそれなりに常識的とのこと。

藤原が非常識だから石上の態度が悪い、という見解だそうです。

 

「逆に訊きますけど会長が思う石上くんの欠点は何ですか?」

「言うならば自信だろうな」

 

何をするにもためらいがち、妙なところで怖いものしらずな石上だけど、なぜかいつもオドオドして自信がない印象だと会長は言います。

これは石上の過去が影響しているのかもしれません。

 

藤原も、そういうのは成功体験がものを言いますからね、と納得します。

「会長だったら成績」

「私だったらピアノの経験」

「何か成し遂げた記憶があると多少の恥は気になりませんから!」

(そうか藤原のはピアノが原因なのか…)

そんなこと言ってますけど、そのピアノ(音楽)で成功体験がある藤原を音痴過ぎて絶望させた経験が会長にはありますからね!!そこは忘れないで欲しいです!!

 

優しく見守るのが正解じゃないですか?

石上の口からは失敗談しか出てこないのが気になっている2人。

「願わくばこれが石上くんの成功体験になるとよいですね」

珍しく先輩っぽいことをいう藤原。

 

「まあ会長も石上くんも異性としては産業廃棄物級なのは確かですけど」

「そのお口オイタが過ぎるんじゃないか?」

と冷静な会長。

 

でもそれは減点方式の話で、

かぐや様は告らせたい117話-6かぐや様は告らせたい117話より引用

 

なんだかんだ2人を認めている藤原。

 

それにしてもこんないい雰囲気なのに、お似合いなのに、あーこの2人って絶対に付き合ったりしないんだろうなー、というのが会長と藤原ですね。

かぐやが見たら普通に誤解しそうですけど。

 

藤原は、今回はつばめが石上を加点で見てくれることを祈って優しく見守るのが正解じゃないですか?と結論を出します。

そして、それに納得しながらも、

(頼むぞ石上……ここでお前が倒れたら共倒れだ)

と別の理由からも会長は石上の成功を願います。

 

そして生徒会5人の文化祭は後半戦へ。

かぐや様は告らせたい117話-7かぐや様は告らせたい117話より引用

 

全然恋愛と関係なさそうな伊井野と藤原がどう絡んでくるかが後半戦のポイントかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

かぐや様は告らせたい117話の感想・考察

まさかの石上無自覚告白…!!!

 

が衝撃の117話でした。

意識しすぎるよりもさくっと告白(?)できてしまったのは石上にとっては良かったのかもしれません。

 

石上に告白された(と思っている)時のつばめ先輩が大変可愛かったです。

かぐや様は告らせたい117話-8かぐや様は告らせたい117話より引用

 

この表情を見る限り、石上にも勝機はありそうな気がしますがどうなるのでしょうか。

 

そして、つばめはとてもモテる人だろうなぁと思っていたのですが、予想より告白にパニックになっていました。

もしかして皆のマドンナすぎて、正面から告白してくる人が今までいなかったのでは?と想像しちゃいますね。

 

後半戦のポイントは石上がどこで奉心伝説に気が付くか、でしょうか?

 

それと、生徒会のメンバーではあと1人奉心伝説を知らなさそうな伊井野がいますが…そういう描写どこかにありましたかね?

もし伊井野と石上2人共が奉心伝説を知らないままだったら、そこにつばめを絡めてゴタゴタが起きるのでは…!?と期待心配しちゃいます。

 

後半戦に突入しますが、会長とかぐや、どちらが先に動き出すのかも気になりますね。

関連記事:【かぐや様は告らせたい】116話ネタバレ!かぐや様に恋のライバル登場!?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-かぐや様は告らせたい

Copyright© 漫画ネタバレの杜 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.