【東京卍リベンジャーズ】84話ネタバレ!東京卍會vs黒龍一触即発の行方!

更新日:

 

前回のラストで、東京卍會弐番隊副隊長、柴八戒の兄で黒龍(ブラックドラゴン)総長、柴大寿の出した条件を呑むため、東京卍會を辞めると告げた、柴八戒。

意義を唱える東京卍會壱番隊隊長、花垣武道。しかし、その選択は東京卍會弐番隊隊長、三ツ谷隆に託された。黒龍総長の柴大寿に会いに行くところから始まります。

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

 

スポンサーリンク

 

東京卍リベンジャーズ84話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

三ツ谷隆と柴八戒の出会い

公園で少年に馬乗りになり殴り続ける柴八戒の振り下ろす拳を止めた少年は、赤ちゃんを抱っこし、妹を連れている。「暴力はさ、守る為に使えよ」 

東京卍リベンジャーズ84話-1東京卍リベンジャーズ84話より引用

 

それが、後の東京卍會、通称東卍(トーマン)の弐番隊隊長、三ツ谷隆と、弐番隊副隊長、柴八戒との出会いでした。

 

柴大寿vs三ツ谷隆

黒龍総長の柴大寿に会いに行く三ツ谷隆と柴八戒に今回の揉め事の当事者である、東京卍壱番隊隊長の花垣武道と壱番隊副隊長の松野千冬も同行している。

対面する東卍三ツ谷隆と黒龍柴大寿。「殺すゾテメェ」柴大寿の一声で、早くも一触即発。

 

そして、三ツ谷隆の出した答えは、「八戒は黒龍に渡す、金輪際関わらねぇ」

東京卍リベンジャーズ84話-2東京卍リベンジャーズ84話より引用

 

柴八戒の東卍脱會を止めに来たと思っていた一同は、驚きを隠せない。

 

柴柚葉の解放

その代わりに三ツ谷隆が出した条件は、「柚葉を解放しろ」柴大寿の妹、柴八戒の姉、柴柚葉の解放だった。柴八戒は、ずっと姉の柴柚葉を守ってきたと主張する。

「八戒は、アンタにびびって東卍を抜けるんじゃねえよ」

東京卍リベンジャーズ84話-3東京卍リベンジャーズ84話より引用

 

この言葉を聞き、いきなり殴りかかる柴大寿、しかしそれを難なく防ぐ三ツ谷隆、この条件を呑むなら東卍は黒龍に手を出さない、断れば、全面戦争。

黒龍総長柴大寿の出した答えは、「和平成立だ!」

東京卍リベンジャーズ84話-4東京卍リベンジャーズ84話より引用

 

あくまでも柴柚葉に何もしていないと主張する柴大寿であったが、三ツ谷隆の出した条件を呑んだのでした。こうして、東京卍會と黒龍の全面戦争は回避されたが、東京卍會弐番隊隊長、柴八戒を失うこととなりました。

 

別れ三ツ谷隆の言葉

柴八戒を手放す事、柴柚葉の解放を条件に和平を結んだ三ツ谷隆、

「どんなに苦しくても、力は守る為に使えよ。」

そんな言葉に昔を思い出す柴八戒なのでした。

 

スポンサーリンク

 

東京卍リベンジャーズ84話の感想・考察

凶悪さの全貌は未だ知れず、黒龍総長・柴大寿

東京卍リベンジャーズ84話-5東京卍リベンジャーズ84話より引用

 

黒龍総長の柴大寿の圧倒的な凶暴かつ粗悪さに漫画と分かっていながらも、ハラハラさせられてしまいました。柴大寿の凶暴さとは正反対に、一見、大人しそうで小柄な三ツ谷隆は、柴大寿と対立して大丈夫なのだろうかと、心配してしまいましたが、予想を裏切り堂々と渡りあいさらには、誰も予想もしていなかった条件まで突きつけてしまいました。柴大寿の不意打ちさえも難なくかわす力、さすが、東京卍會弐番隊隊長だと心が踊ります。

 

残された謎、柚葉の解放とは

三ツ谷隆の堂々とした交渉で、東京卍會と黒龍の全面戦争を未然に防げましたが、今後の展開がますます気になります。そして、三ツ谷隆が柴八戒を東卍から手放してまで柴大寿に呑ませた条件、柴柚葉の解放。

東京卍リベンジャーズ84話-6東京卍リベンジャーズ84話より引用

 

柴大寿、柴八戒、柴柚葉、この三人きょうだいの間にある問題とは、柴大寿からの解放とは何を意味するのか、今後が気になって仕方がないです。そして、本当にこのまま柴大寿率いる黒龍対東京卍會の争いは、集結するのか目が離せません。

関連記事:【東京卍リベンジャーズ】85話ネタバレ!柴家の闇、柴大寿の支配に八戒の出した答えは

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-東京卍リベンジャーズ

Copyright© 漫画ネタバレの杜 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.