【ドクターストーン】81話ネタバレ!力と科学の共闘!氷月との戦い!!

更新日:

 

80話のラストで共闘することになった千空と司。

この81話では瀕死の重傷を負いながらも氷月との激闘を演じる司とそれを千空が科学の力で援護するという二人のタッグを見ることができます。

そして、この戦いが早くも決着します!!

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【ドクターストーン】80話ネタバレ!氷月の恐るべき思想と司の約束!!

 

スポンサーリンク

 

ドクターストーン81話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

科学と力・共闘開始!

司が重傷を負っている今、霊長類最強は自分であるという事実を突きつけ千空と司にプレッシャーをかける氷月。

 

氷月は二人に作戦を考える時間を与えまいとすぐに攻撃を開始します。

それに応戦する司。そして千空も何かを仕掛けるために距離を取ります。

 

氷月を地面に撒いた火薬の中におびき寄せ千空が着火しますが、爆風を槍とマントで相殺する氷月。

 

氷月はまず千空を仕留めに動き、千空の胴を槍で突きます。吹き飛ばされる千空。

司も自分の傷が致命傷であり今の自分では勝てないことを理解しながら、必死に氷月と戦います。

ドクターストーン81話-1ドクターストーン81話より引用

 

氷月は、もう助からないのにそんなにもがくのかと司に訊ねます。

死にそうな自分がもがく理由が、この束の間の共闘が楽しかったからかもしれないと答える司。

 

VS氷月決着!!

氷月の槍の先端が抵抗する司の喉元に少しづつ食い込んでいきます。

這って近づいてきた千空の包帯の先から導線のようなものがでていることに気づく氷月。

ドクターストーン81話-2ドクターストーン81話より引用

 

身体に巻き付けていた自作のマンガン電池で槍での攻撃を防いでいた千空。

 

自分も共闘が楽しかったと告げ、10万ボルトのスタンガンで氷月を撃破します。

 

スポンサーリンク

 

ドクターストーン81話の感想・考察

千空と司

司が過去に言っていましたが、千空たちと人類が石化する前に出会っていれば良い友人関係になれたと思います。それだけに、司が死にそうな今しか共闘ができないということが残念です。

病気の妹や既得権益を持つ者に対する憎しみがなければ、司はかなり頼りになる仲間だったと思います。

ドクターストーン81話-3ドクターストーン81話より引用

 

理想の違いから別々の道を歩んだ二人ですが、ともに過ごした時間は短くともそこには確かな友情と信頼関係があったように感じます。

 

氷月のその後

ラストで10万ボルトのスタンガンをくらい敗れた氷月ですが、さすがに気絶はすると思います。しかし、氷月が目覚めた後は千空たちは彼をどのように扱うのでしょうか?

もし本当に司の傷が致命傷ならば氷月が目覚めた後、彼と戦える人物はいないことになります。氷月の部下であるほむらも姿をくらましたままなのでそれも不安要素となっています。

 

次回以降は、氷月の扱い司帝国サイドの人間がどのように動くのか、そして致命傷を負った司はどうなってしまうのかというところが気になります。

関連記事:【ドクターストーン】80話ネタバレ!氷月の恐るべき思想と司の約束!!

関連記事:【ドクターストーン】82話ネタバレ!二章最終話・科学王国建国開始、司を救うための方法!!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-ドクターストーン

Copyright© 漫画ネタバレの杜 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.