【鬼滅の刃】130話ネタバレ!地獄の訓練と義勇の過去!!

更新日:

 

129話の最後で合同強化訓練について触れられていましたが、130話ではその過酷な訓練の様子が描かれます。そして、義勇が他の柱たちに向かって放った「お前たちとは違う」という発言の真意も明かされます。

ネタバレや画バレを含んでいるので気になる方は注意してください!

関連記事:【鬼滅の刃】129話ネタバレ!痣の出現方法と炭治郎の新しい刀!!

 

スポンサーリンク

 

鬼滅の刃130話のあらすじ(注:ネタバレ・画バレあり)

合同強化訓練「柱稽古」

柱より下の階級の者が柱を順番に巡り稽古をつけてもらえる「柱稽古」が始まりました。禰豆子が太陽を克服してから鬼の出没が止んだのでこの訓練を行えるようです。

 

善逸から説明を受け自分よりも強い人たちに稽古をつけてもらえることを羨ましがる炭治郎。しかし、善逸は前向きな炭治郎の言葉で不機嫌になります。

半天狗との戦いで善逸から聞いていた雷の呼吸が役に立ったことを伝え炭治郎が礼を言うと簡単に機嫌が直る善逸。

鬼滅の刃130話-1鬼滅の刃130話より引用

 

そこに炭治郎のもとに産屋敷耀哉の手紙を持った烏がやってきます。

 

柱稽古では元・柱の宇髄天元を含む柱たちの地獄のような訓練が行われていました。しかし、義勇だけは参加していません。

 

水柱・冨岡義勇の居場所

産屋敷耀哉の手紙で頼まれ義勇と話をしにきた炭治郎。義勇は炭治郎が水の呼吸を極めなかったことを怒っていて自分は水柱ではないと言い炭治郎と話そうとしません。

鬼滅の刃130話-2鬼滅の刃130話より引用

 

四日間付きまとう炭治郎についに根負けした義勇。

 

義勇は錆兎とともに最終選別を受けていたと語ります。その時の最終選別では錆兎がほとんどの鬼を一人で倒し義勇は助けられただけで一体の鬼も倒さずに七日間を生き延びて選別を突破していました。

 

自分は他の柱と肩を並べていい存在ではなく、鬼殺隊にも本来は居場所がないと語り柱たちに稽古をきちんとつけてもらうように炭治郎に告げて義勇は去っていきました。

 

スポンサーリンク

 

鬼滅の刃130話の感想・考察

柱たちによる訓練

柱たちによる訓練では他の隊員の強化が行われていましたがこの訓練が129話で行冥が提案したことなのでしょうか。また、善逸や伊之助など炭治郎の同期たちが隊員全体の中でどれくらいの強さなのかも気になります。ともに上弦の鬼と戦った同期も多いので弱い部類ではないと思いますが。

 

また先の柱合会議に登場していなかった宇髄天元ですが、柱は引退しても鬼殺隊から離れたわけではないようなので良かったです。

鬼滅の刃130話-3鬼滅の刃130話より引用

 

義勇と錆兎

ここにきて錆兎が登場するのは本当に驚きました。

鬼滅の刃130話-4鬼滅の刃130話より引用

 

最終選別の時点を比べれば錆兎のほうが義勇よりも強かったようですが、義勇も今では水柱なので正式な隊員になった後かなりの努力をしたのだと思います。また、最終選別で錆兎が倒せなかった鬼を炭治郎が倒しているので炭治郎には柱になれるポテンシャルがあるのではないかと思います。

 

炭治郎の訓練参加、義勇が自分を水柱と認めるようになるのかなど次回以降も見どころがあり気になります。

関連記事:【鬼滅の刃】129話ネタバレ!痣の出現方法と炭治郎の新しい刀!!
関連記事:【鬼滅の刃】131話ネタバレ!心を開く義勇!!しのぶと珠世が研究で協力!?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

おすすめ電子マンガサービス

1位:U-NEXT<ユーネクスト>

動画配信サービス大手の「U-NEXT」

追加料金なしで電子書籍サービス「BookPlace for U-NEXT」の利用が可能です。

おまけのような立ち位置ですが、漫画や書籍数は30万冊以上と本格的。

当サイト一押しのサービスです。詳しくは詳細ページへ。

2位:FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビが運営するオンデマンドサービス「FOD」

月額利用料金888円(税抜)に対してポイントは毎月最大1,300円分という大盤振る舞い。

それでいて読み放題の雑誌が100詩以上もあります。

コスパ最強のサービスです。詳しくは詳細ページへ。

3位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

-鬼滅の刃

Copyright© 漫画ネタバレの杜 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.