□ 気になる

ギラン・バレー症候群の有名人・芸能人は?症状や治療法もチェック!

ギラン・バレー症候群ってなんだか聞いた事あるけど、よくわからないと思います。

 

そこで気になる症状や治療法と実際にかかってしまった有名人・芸能人を紹介したいとおもいます〜 (^ ^)

 

点滴

 

スポンサーリンク

 

〜主な症状〜

筋肉を動かす神経に障害をきたし下記のような症状がでる

  • 手足の力が入らなくなる
  • 眼球運動に支障がでてモノが二重に見える
  • ろれつが回らなくなる
  • うまく飲み込めなくなる
  • (重症化すると) 呼吸ができなくなる

 

〜原因〜

原因ははっきりしてませんが、発症の数週間前に感染症症状を起こす事が多く、それが原因で免疫機能に異常がでて末梢神経に障害をきたしていると考えられています。

その他にもワクチンなどが原因となる事もあるようです。

 

〜治療法〜

以前は特別治療をしなくても自然によくなっていくと考えられていましたが、重症化すると 後遺症が残ったり 場合によっては 死に至る 事がわかり早期治療をしたほうが良いとなってきました。

 

治療方法はおおまかにわけると2点あります。

1.免疫グロブリン大量静注療法

免疫グロブリンというものを静脈に5日間連続で大量に点滴する方法で、1日あたり4〜6時間ほどかかってしまいます。

 

2.血漿交換療法

血液の中でこの病気に関係するものを取り除き、そのかわりに新鮮凍結血漿などを同量投与する方法です。

 

 

重症化してしまった場合はこれに追加して人工呼吸器をつけたりして、監視体制を万全にする必要もあります。

 

スポンサーリンク

 

〜発症したと考えられる有名人・芸能人〜

 

大原麗子 (女優)

芳根京子 (女優)

中村うさぎ (小説家)

安岡力也 (俳優・タレント)

佐藤寿人 (プロサッカー選手)

鴨下信一  (演出家)

福永泰 (プロサッカー選手)

石川真二 (競艇選手)

川口順子 (政治家)

美馬寛子 (モデル)

有村竜太朗 (歌手・モデル)

鈴木磨 (ミュージシャン) などなど

 

という風に有名人・芸能人だけでもこれだけたくさんいらっしゃいます。 (他にもいらっしゃいます)

 

 

 

〜まとめ〜

症状としてはあらゆる筋肉がうまく動かせなくなる!

感染症が原因である場合が多い!

重症化する事は少ないが、場合によっては死に至る事もある!

 

 

年間で10万人に1〜2人と言われていますので、日本の人口を1億2700万人と考えると年間で1270〜2540人も発症するという事になりますね (単純計算)

いくら致死率が少ないと言っても可能性があるからには早期治療が望ましいですね。

何か異常を感じたらすぐに医師への相談をしましょう。

 

スポンサーリンク

 

-□ 気になる