○ 違い

中国では何歳からビールの飲酒が可能?お酒の年齢制限が気になる!

こんにちは!

連日暑い日が続きますね〜

 

筆者は無駄に我慢強い(?)のでまだエアコンはつけてませんよ〜(笑)

 

でもこんだけ暑いと普段あまりビールを飲まない人でもお酒を飲みたい気分になるのではないでしょうか?

 

ビール

 

スポンサーリンク

 

そんななか中国で6歳の男の子に目隠し綱渡りをさせた後にビールを飲ませている(飲酒させている)という事で問題になったというニュースがありました。

詳細はこちら

 

このニュースの最後の方で警察が虐待の疑いで捜査を始めた事が記されているのですが、お酒を飲んだ(飲酒した)点については特別記載がありませんでした。

 

そこで疑問に思ったのが中国での飲酒の年齢制限は何歳に設定されているのだろう?というところです。

 

という事で今回は中国でビールが飲める年齢について調べてみましたのでご覧下さい (^_-)

 

〜日本の飲酒における年齢制限〜

未成年者飲酒禁止法によると下記のように記載があります。

 

満二十年ニ至ラサル者ハ酒類ヲ飲用スルコトヲ得ス

引用元:未成年者飲酒禁止法

 

まぁみなさんご存知の通り日本ではお酒は20歳(ハタチ)になってからというのが常識ですね。

 

もし年齢が20歳に満たない人が飲酒した場合は、アルコール(お酒)を提供した側や親権者などが処罰の対象となり、飲酒した本人は処罰対象にならないようです。

※罰金は最大50万円(2001年12月12日より)

 

因みにアメリカでは21歳からだそうなので20歳になったからと言ってアメリカでビールが飲めるとは限りません。(飲酒の年齢制限にひっかかります。)

 

日本よりアメリカの方が若い年齢でも飲めそうな勝手なイメージがありますが(笑)

 

スポンサーリンク

 

〜中国での飲酒の年齢制限は?〜

アメリカでの年齢制限は21歳ですが、中国は何歳からビールが飲めるのでしょうか?

 

中国での飲酒年齢事情を調べてみたところ驚きの結果でした!

 

それは中国には飲酒の年齢制限が設けられていない!という事です。

因みに喫煙の年齢制限も設けられていない

 

なので何歳からビールを飲んでも良いという事になりますね。

 

でも法律できちんと定められていないにしても実質的には未成年の喫煙や飲酒は戒めの対象となっているようです。

(例:家庭では怒られ、学校などでは謹慎などの処分)

 

 

〜まとめ〜

◆ 中国で6歳の男の子に目隠し綱渡りをさせた後にビールを飲ませている映像が話題!

日本でお酒が飲めるのは20歳になってから(アメリカは21歳)!

◆ 中国の法律では飲酒・喫煙の年齢制限は設けられていない!

◆ 法律で定められていないが中国でも未成年の飲酒・喫煙は戒めの対象となっている!

 

中国での飲酒可能な年齢について調べまとめてみましたがいかがでしたか?

 

飲酒や喫煙が何歳からOKという法律がない事には驚きましたね〜

 

実質的に禁止傾向にあるので今後中国の法律も変わる可能性はありますよね(今回の事象もありますし・・・)

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

-○ 違い