□ 気になる

小学8年生の由来や発売日は?なぜハチなのか理由をチェック!

小学館が発刊している小学○年生ってありますよね、それが今回「小学8年生」というものを発売するそうです。

 

小学2年生が2017年2・3月合併号で休刊したりしていますが、小学8年生とは何なのかと疑問に思いました。

 

何故8(ハチ)なのか?由来となった理由が気になると同時に、発売日はいつなのかも気になります!

 

という訳で今回は「小学8年生」の由来や発売日からなぜ「ハチ」なのか理由を調べてみたいと思いますのでよかったら見ていってください (^_-)-☆

 

スポンサーリンク

 

~小学8(ハチ)年生の発売日はいつ?~

まず気になるのが小学8年生の発売日ですよね~

2017年2・3月合併号で休刊した「小学2年生」の最後の発売日は2016年12月26日でしたが小学8年生はいつなのでしょうか?

 

調べたところによると・・・

 

「2017年02月15日の水曜日」のようです!

 

現在(この記事を書いているのは2017年01月12日)からみて約1ヶ月後くらいですね~♪

 

~なぜ小学8(ハチ)年生となったのかの由来や理由~

最初に見た時、なぜ小学8(ハチ)年生となったのか?由来や理由は何なのかとかなり疑問に思いました。

 

初めに由来や理由として頭をよぎったのは中学2年生なのかな?と調べてみたところ1957年に創刊し1963年に休刊している「中学生の友2年」という雑誌がある事を初めて知りました(笑)

 

と、もちろん「小学8年生」は中学2年生向けの雑誌ではなくさらに調べてみると小学生の全学年を対象とした雑誌のようです。

 

そこで肝心な由来や理由なのですが、、、

 

どうやら「7セグ」のようですね~

※7セグについては後述します

 

8はハチではなく自分で塗りつぶす為の補助線のようなもので、1~6まで全てデジタル表示のように塗りつぶして学年をあらわして下さいというようなものになっているみたいですね~

 

という訳で特別「8(ハチ)」にした由来はなく、全学年対応でそれぞれ購入者たちが自分にあわせて表記できるという理由からこのようなカタチになっているみたいですね(笑)

小学8年生

 

スポンサーリンク

 

~7セグ(7セグメントディスプレイ)とは?~

7セグ

 

このようなもので、その名の通り7つの部分(セグメント)から構成されています。

 

点灯や消灯させる部分を変更する事によって0~9の数字を全てあらわす事ができるというものです。

 

 

~まとめ~

小学館が小学8年生という雑誌を新たに発刊する!

最初の発売日は「2017年02月15日の水曜日」!

由来はけっして8(ハチ)ではない!

自分で対象の学年を塗りつぶす為の補助線というのが理由!

 

なんとも個性的な発想ですね~!筆者同様に疑問に思ってしまう人は多そうな気がします(笑)

現在小学一年生はまだ発刊されているので小学1年生の子供たちは両方買う事ができますね~笑

 

スポンサーリンク

 

-□ 気になる