□ ダーツ

●PERFECTとJAPANってどう違う?ダーツプロの種類をチェック!

こんにちわ、ダーツ楽しんでますか?

 

ご覧になっている方の中にはプロってどんなの?やプロになろうとお考えの方がいると思います。もしかしたら実際に現在プロで活躍してらっしゃる方もいるかもしれません。

 

今回はそんなダーツのプロについて簡単に書いていきたいと思います (^O^)/

 

ダーツ19

 

スポンサーリンク

 

~ダーツのプロとは?~

プロテストに合格し、プロライセンスを取得した上で賞金のでる年間のトーナメントツアーに出場したりします。

場合によっては スポンサー がついたりもします。

 

現在日本には大きく分けて下記の2種類のプロライセンスが存在します。

・PERFECT:一般社団法人PERFECT

・JAPAN:一般社団法人J.D.U

 

~PERFECTプロ試験情報~

[筆記試験]

ダーツの基礎知識についてで、100 点満点中の70 点以上で合格

 

[実技試験]

■男子

501 (ブルセパレート) で 8 ROUND 以内にダブルアウト

※5回挑戦でき1回でもクリアすれば合格

 

■女子

701 (ブルセパレートではない) で 10 ROUND 以内にマスターアウト

※5回挑戦でき1回でもクリアすれば合格

 

筆記、実技のどちらかを過去に合格している場合は片方免除となります。

 

[受験料金]

10,000円 (片方免除の場合は5,000円)

 

 

スポンサーリンク

 

~JAPANプロ試験情報~

[筆記試験]

SOFT DARTS PROFESSIONAL TOUR JAPAN規定から出題

 

[実技試験]

■JAPAN (男女共にエントリー可能)

・SHOOT OUT で 5500点以上

・701 (ブルセパレート) で 7 ROUND 以内にマスターアウト ×2回

・CRICKET COUNT UP で スタッツ5.1以上 ×2回

 

■JAPAN LADIES (女性のみエントリー可能)

・SHOOT OUT で 4500点以上

・501 (ブルセパレートではない) で 6 ROUND 以内にマスターアウト ×2回

・CRICKET COUNT UP で スタッツ3.5以上 ×2回

 

[受験料金]

試験開催店舗によってはゲームフィーやその他の費用が掛かる場合がありますのでそれぞれの開催店舗にお問い合わせください。

 

 

このようにプロはプロでもPERFECTとJAPANでライセンスのとり方に差があります。

これ以外に年間ツアーの試合形式などにも違いがありますので、それはまた別記事で書きたいと思います (^○^)

 

 

~まとめ~

プロになるには試験を受けライセンスを取得しなければならない

PERFECTとJAPANそれぞれ筆記試験と実技試験がある

PERFECTの実技試験はゼロワンのみ

JAPANの実技試験はSHOOT OUT、ゼロワン、CRICKET COUNT UPがある

 

 

Let's Enjoy Darts

 

スポンサーリンク

 

-□ ダーツ